普段と同じじゃダメ!トップスタイリストに聞いた「浴衣に映える上品メイク術」とは?

imasia_10933232_S

夏まつりや花火大会など浴衣を着る機会が多くなってきているかと思います。筆者が働くハリウッドビューティサロンでもこの季節浴衣の着付け、メイク、セットでのご予約を多く受けます。

そして、スタイリストがお客様から相談をうける中で多いのが“浴衣に似合うメイク”について。

プロにメイクをしてもらえばもちろん美しくなれますが、「セルフメイクでも浴衣姿が映えるメイクのポイントを知りたい」という方は多いと思います。

そこで、数多くのお客様のメイクを担当してきた当サロンのトップスタイリスト内藤里奈さんに、浴衣に合うメイクのポイントをお聞きしましたのでご紹介します。

 

浴衣を着るのだから、「メイクはきちんと濃いめで華やかに」ですよね!?

内藤:「浴衣を着ると、ついついメイクも気合いを入れて濃くしがちですが、浴衣の場合はいつもより薄くメイクをしたほうが良いです。浴衣を着ると汗をかきやすいので、メイクが崩れやすくなりますし、髪もしっかりセットをしてメイクもしっかり濃いめにしてしまうと、全体的に派手になりすぎてバランスがとても悪くなってしまいます。

浴衣は本来涼しげに着るものですので、少し引き算をしながらバランスを意識して着こなしてくださいね」

 

LINEで送る