最悪の場合は投獄も!日本人が間違いやすい「海外持ち出し&持ち込み」NGリスト

happy baby girl is going on trip, pack suitcase

夏休みに家族で海外旅行に出かけるママもいることでしょう。子連れ旅行はあれこれと荷物が多くなりますが、渡航先の税関や検疫制度はチェックしましたか? 「コレぐらい大丈夫よね」と甘く見ていると、多額の罰金を科せられたり、裁判にかけられれてしまうケースもあるんですよ!

そこで今回は、世界一検疫が厳しいといわれるオーストラリアで15年を過ごした筆者が、日本人にありがちな出入国トラブルについてお話します。

 

■ジョニー・デップの妻も罪に問われた!

今月、ジョニー・デップの妻で女優のアンバー・ハードさんが、検疫法違反でオーストラリアの検察に追訴されたというニュースが報じられました。

事の発端は、アンバーさんが今年4月にプライベートジェットでオーストラリアを訪れた際、必要な検疫手続きをせずに愛犬をオーストラリア国内に持ち込んだことから。即刻、愛犬を国外退去させたことで殺処分は逃れたものの、裁判の行方次第ではアンバーさんに最悪で禁固10年、10万2,000ドルの罰金が科せられる可能性もあるそうです。

アンバーさんのように、ペットを無申告で持ち込むような人はほとんどいないのですが、ソーセージなどの食品や貝殻のアクセサリーなど、知らず知らずに検疫違反を犯していることはよくあります。検疫法は各国で異なりますが、オーストラリアやニュージーランドなどの“島国”では特に検疫が厳しい傾向にあるようです。

LINEで送る