マイホーム買うなら今?プロがすすめる「子育て世代・共働き家庭に最適」住宅ローン2つ

39763375

住宅ローンの金利は史上最低水準といわれていることから、そろそろ住宅購入をと考えている方も多いのではないでしょうか? でも、いざ購入を考えるとこれからの子どもの教育費や、毎月きちんと返済できるのかなど不安もでてくるはずです。

人生に一度と言っていい大きな買い物だからこそ、後悔のない住宅購入を考えていきたいもの。

そこで今日は、住宅ローン情報に詳しいファイナンシャルプランナーの筆者が、子育て世代・共働き家庭の住宅ローンの選び方のコツをお話します。

 

■毎月の返済額はどうやって決める?

住宅を買おうとすると、“今払っている家賃より並みの支払で購入可能”というセールス文句をよく聞きます。

でも、実際には家賃を基準に返済額を決めるのはNGです。

住宅を購入すると固定資産税もかかりますし、マンションなら修繕積立金や管理費が、一戸建てでも将来の修繕に備えて準備が必要になります。

これらのお金のほか、将来の教育費も貯蓄できるのか、旅行や車の購入など実現したいライフイベントの資金も確保できるのかなどを考慮し、返済が滞ることの無いようにきちんと計画を立てることが必要になります。

LINEで送る