あなたもプチ毒親かも! コレを言ったら「毒親まっしぐらなNGフレーズ」3つ

68091274 (2)

“毒親”と聞くと、子どもに肉体的・精神的虐待をしたり、育児を放棄するようなひどい親のイメージがありますが、ちょっとだけ毒親の要素がある“プチ毒親”になっている人は意外にも多いように思います。

一種の“優しい虐待”をしている親たちです。

このような親は自分で自分がそうした虐待をしていることに気づくことは少なく、知らず知らずのうちに子どもに悪影響を与えている危険性があります。

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、プチ毒親の人が言いがちな毒親語録と子どもに与える影響についてお伝えします。

 

■あなたもプチ毒親かも!? ウッカリ言いがちな毒親フレーズ3つ

(1)「これ食べないと大きくなれないよ」

と脅迫していませんか?

食事中、一番大切なことは“美味しく食べる”こと。このことをすっかり忘れて箸の上げ下ろし、偏食をなくすことに躍起になっているママがいます。

「これ食べないと大きくなれないよ」と言うのは状況的に嫌いな食材がある時。

嫌いな食材に対して、大きくなれないという脅迫を入れても嫌いな食べ物は克服できません。

「これ美味しい、美味しいよ~」と言って周りが美味しそうな顔で食べたり、畑でなっている様子を見せて楽しい体験をさせることで食べられるようになっていきます。ただ「○○しないといけない」と脅迫をするのではなく、子どもの興味に合わせて“食べたくなる”ように仕向けることが大切です。

 

(2)「あなたのためを思って…」

教育熱心なママはその想いの強さからついこんな言葉を発しがちです。

でもこれは本当に子ども側の幸せを考えているのでしょうか?

“あなたのためを思って”が親のプライドを満足させるだけのものに陥っていないでしょうか。子どもにしてみればどこかで“恩着せがましい”と感じているかもしれません。

もっとシンプルに「お母さんは○○してくれると嬉しい」と言った方が子どもにストレートに伝わるでしょう。親子の間で変な駆け引きをしないことです。

 

(3)「どれだけ苦労してあなたを育てたと思っているの」

子育てを頑張ってきたママに「あなたのためにお母さんがどれだけ頑張っていると思っているの」「子育てのために仕事も辞めて一生懸命やっているに!」と決して言ってはならないことを口に出してしまう人がいます。

子どもを生んだのは親の選択。“子どもは親を選んで生まれてくる”なんて言う人もいますが男女の営みをして子を産んだのは親の意志。子もは親を選べないのです。

子を持ったならば育てる義務があります。それなのに“どれだけ苦労してあなたを育てたと思っているの”と恩に着せる言い方はどうでしょうか。

心の中で「これだけ苦労して育てたのにどうしてこんな風に育ったちゃったのだろう」とぐれてしまった子どもを見て心で思うのはあなたの自由。でも、口に出して子どもにその言葉を投げかけたところで何の解決にもなりません。むしろ子どもは逃げ場をなくし、やがて反抗するようになります。

 

いかがでしたか。

精神世界の中に“病理は世襲する”という言葉があります。

白か黒か、○○でなければばらない、の強い信念を持った親が子どもを育てた場合、子どもは完璧主義になります。あなたのやっている子育てはあなたの親があなたにしていたもの。

今日ご紹介した毒親語録に少しでも当てはまった方は、まずはそこに気が付いて今、負の連鎖を断ち切りましょう。

あなたの子どもが大人になって結婚して子どもを持ったとき、毒親にならないために……。

 

【関連記事】

※ ●●しながらしゃべるだけ!ママ必見「子どもの脳が一気に活発になる」親子の会話術

※ あの一言をプラスするだけ!子どもが「たくましい大人になる」叱り方のコツとは?

※ 将来、親子関係に亀裂も…!「子ども大好き頑張りママ」がやりがちなNG行動とは

※ シワシワの年齢肌がプルプルに!? 表情ジワが減る「リンゴのエキス」とは[PR]

※ しょんぼりバストにブツブツお肌…「美ボディ」を取り戻して夏を満喫しよう![PR]

【姉妹サイト】

※ 恐るべしすっぽんパワー!1日たったの100円で肌年齢が20代!?[PR]

※ ヨガに、英会話に、ヘアメイク…おうちで自分磨きレッスンを受ける方法って?[PR]

【参考】

スーザン・フォワード(2001)『毒になる親  一生苦しむ子ども』(講談社)

ダン・ニューハース(2008)『不幸にする親 人生を奪われる子ども』 講談社

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る