あの一言をプラスするだけ!子どもが「たくましい大人になる」叱り方のコツとは?

210134491

最近、教育やしつけの現場では“自己肯定感(セルフ・エスティーム)”という言葉が当たり前に聞かれるようになりました。自己肯定感とは“自分を信じる力”のこと。自己肯定感が低いと、自分自身の力が信じられなくなり、チャレンジする意欲が湧かなくなってしまうのです。

ママとしては我が子に高い自己肯定感を持ってもらいたいものですが、育児書には“褒める方法”しか書かれていません。他に自己肯定感をアップする方法ってあるのでしょうか?

そこで今回は、子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、叱る時にも自己肯定感をアップさせる魔法の一言をご紹介します。

 

■叱る時も自己肯定感を高められる「魔法の言葉」

子どもは歩けるようになる1歳ごろから、気づけばいたずらばかりするようになりますよね。成長すればするほど、ママのお小言も増えていってしまいます。

でも、子どもは上手に言葉を話せなくても、聞くのはとっても得意。ママの言葉をよーく聞いています。ですから、あまりに子どもの人格を否定するような叱り方をしたり、ひとり言のつもりで文句を言ったりしていると、「ママは自分のことが好きじゃないのかな……」と、だんだん自信を無くしていくものなのです。

これが、自己肯定感を低くしてしまう原因の一つと言われています。

でも、悪いことをしたのに叱らないというのも親として問題がありますよね。そこで、こんな風に言ってみてはどうでしょうか?

「ママはあなたが大好きだけど、これはしてほしくないんだよ」

「ママはあなたが大切だから、危ないことはしてほしくないんだ」

このように、“大好き”“大切”というたった一言があるだけで、子どもの受け取り方はずいぶん変わるのです。

 

LINEで送る