ちゃんと座って食べなさい!子どもの「食事中の立ち歩き」「遊び食べ」をなくす5つのコツ

254721289

食事中、玩具が目に留まるとあっちへふらふら、こっちへふらふら立ち歩いて落ち着きがない行動をとるわが子に困った経験は誰しもあるでしょう。

「ちゃんと座って食べなさい」 と注意してみてもいっこうに聞いている様子はナシ……。ママも食事に集中できず落ち着きません。

食事中は席を立たないマナーを教えたいものですが、なかなか上手くはいかないのが現実ですね。

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が食事中の子どもの立ち歩き・遊び食べをなくすコツについてお話ししたいと思います。

 

■1:食事時間は30分まで

箸の上げ下ろしなどの技術的なこと、好き嫌いしないで食べる偏食指導など要求することが盛りだくさん過ぎて、食事時間が40分~1時間もかかっていませせんか?

20分、長くても30分が目安です。スプーンや食材で遊びだしたら“もう食べたくない”のサインです。その時点でご馳走様をさせて食事は下げてしまいましょう。長くすればするほど遊び食べは酷くなるだけですよ。

 

LINEで送る