ママ友の間で今話題!子どもの「ココロの教育」に大切な●●●を伸ばす3つの方法

77082265

子どもって本当に感情豊かですよね。成長して言葉を覚えると、どんどん感情表現をするようになり、毎日新しい顔を見せてくれる我が子に驚かされるママも多いのでは……?

そんなかわいい我が子への思いは家庭によって様々かと思いますが、“子どもが自分の力で未来を切り開いていけるようになること”はママたちの共通の願いなのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもが将来自立するために必要な“強い心”を幼少期から育む方法について紹介します。

 

■幼少期に「感受性」を育てる3つの方法

何事にも動じない強い心の持ち主には、“感受性”が豊かという共通点があります。この感受性は、幼少期からコツコツと積み上げられて育つもの。感受性を磨くことで、自分の気持ちを上手に伝えられるようになります。また、他人の心の痛みが分かるようになることで、人に優しくなれるのです。

今回は、今からでも簡単にできる“感受性を育てる3つの方法”をご紹介します。

(1)絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせは、語彙力をつけるだけでなく、感受性や表現力も養えます。ママの優しい声で楽しいお話を聞くことは、子どもにとってもかけがえのない時間なのです。

(2)音楽を聴いて、歌ったり踊ったり

子どもはとても耳が良いので、いろんな音に興味をもったり、新しい言葉をどんどん覚えていきますよね。そのため、音楽を聴いたり、歌ったり、踊ったりすることは、心の発達に最適なのです。

(3)習い事をさせる

絵本や音楽の他にも感受性を養う方法はたくさんありますが、家でできることって限られていますよね。また、いつもママとのマンツーマンでは緊張感がなく、なかなかやる気を出さないことも……。

そんな場合は、思い切って習い事をさせてみてはいかがでしょうか? リトミックやピアノをはじめ、感受性を育める習い事はたくさんありますよ!

 

 ■個性が育つ上に「芸能界デビュー」も!?

そうは言うものの、習い事っていろいろありすぎて、どれにしようか迷いますよね。でも、やらせたいものを全部習っていたらお金や時間がいくらあっても足りません。

そこで、ご紹介したいのが“タレントの養成所”を活用するという方法。最近はドラマやCMで子役を見かける機会が増えてきましたよね。彼らは所属するタレント養成所で、お芝居をはじめ、歌や踊りなどのレッスンを受けて、日々自分に磨きをかけているのです。

超人気子役の鈴木福くんや谷花音ちゃん、小林星蘭ちゃんも所属している『テアトルアカデミー』は、30年以上の実績がある老舗タレント養成所。ここでは演技やダンスのレッスンを通して、感受性だけでなく、集中力やコミュニケーション能力も伸ばすことができます。

 teatol2

子役の養成所というと、「絶対に我が子を芸能人に……!」という、ステージママが多い印象があるかもしれません。けれど、テアトルアカデミーには子どもの芸能界入りを目標としている方だけでなく、子どもの個性を伸ばす目的で通っている方も少なくないそうです。

1つの場所で感受性を養える上に、芸能界デビューできるチャンスがあるなんて、一石二鳥以上かもしれませんね!

 teatol3

実は、現在、テアトルアカデミーではオーディションを開催しているそう。「うちの子が子役なんて……」という方もいるかもしれませんが、人気子役のママのほとんどが、スターになった我が子を見て「まさかうちの子が……!?」と言うそうですよ。もしかしたら、お子さんにも隠れた才能が眠っているかもしれません!

オーディションは全国8都市で開催され、しかも無料で受けられるので、ちょっとでも気になった方は気軽に足を運んでみてくださいね!

 teatol4

【参考】

テアトルアカデミーのオーディションはコチラ!

Sponsored by 株式会社テアトルアカデミー

LINEで送る