えッ…「ベッド布団は別」派のほうがラブラブ?30代夫婦の寝室リアル事情

76299898

「ずっと夫婦ラブラブでいたい」と願うのは夫婦なら当然のこと。ですが、一つ屋根の下に住んでいると、長年に渡って円満を保つのが何かと難しくなってくるのも現実です。

世間では円満の秘訣が数多く紹介されるも、夫婦生活の中でその秘訣を取り入れて実際に状況を変えたカップルはどのくらいいるでしょうか? 成功の秘訣を知ることは大切ですが、その前に夫婦関係を“悪化させるNG習慣”を覚えておくのも一つかもしれません。

そこで今回は、夫婦問題6,000件以上の相談を受けてきた筆者が、夫婦円満が続かなくなるNG習慣についてお伝えしたいと思います。

 

■なぜ、「外食」が夫婦円満を保つのか?

流通、サービス業に特化した株式会社メディアフラッグが、2012年に20代~50代の既婚女性357人に対して”夫婦のあり方、感謝”をテーマにアンケート調査を行ったところ、夫婦関係が「とても円満」「まあ円満」と回答した人は全体の77.3%。

その人達に「現在も夫婦で一緒にしていることは?」との質問に対しての回答が以下の結果です。上位1位、2位の回答に共通していることがあるのですが、何だか分かりますか?

1位・・・外食(81.9%)

2位・・・買い物(76.8%)

3位・・・家で晩酌(45.3%)

共通していることは、”外出”するということです。

例えば、自宅で食事をするということは、いわゆる“日常”です。しかし、外食をする為に店を決めて予約をし、オシャレをして出掛けることや、綺麗な夜景を見ながら食事をしたり、買い物に出掛けたりすることは”非日常的”な感覚になり、新鮮な気持ちになれるのです。

 

LINEで送る