将来子どもが「言い訳しない大人」になる!読み聞かせしてあげたい名作4選

shutterstock_129152318

読み聞かせがイイとはいろんなところで見聞きしているけれど、「毎日忙しいのに、何度も何度も同じ本を読むのは精神的にくたびれる……」とちょっとお疲れ気味のママもいるのではないでしょうか。

しかし、幼少期の読み聞かせは子どもにとって生涯にわたって財産となる“大切な人生観”を根付かせてあげることができるんです。

今回は、自身も四児の母であり子育てアドバイザーである筆者が、100回のお説教より読み聞かせで大切なことが効果的に伝わる理由と、オススメ名作4つをご紹介します。

 

■幼少期の読み聞かせ効果は「一生モノ」!

無意識に繰り返し目にしたり耳にしたりするものは、知らず知らず“自分の考え”の一部になっていきます。テレビのコマーシャルはその心理を利用したもの。同じ商品がふたつあっても、ついコマーシャルで見たことのある方を手に取ってしまう、ということはありますよね。

同じように、子どものころに何度も何度も読み聞かせしてもらった物語は、その人の潜在意識に刷り込まれ、自我の発達に大きく影響を及ぼします。ですから、「繰り返し繰り返しで疲れたな……」と思っても読み聞かせをしてあげることは、将来子どもが逞しく生きていくうえで最高のプレゼントになるのです。

 

■名作4つが教えてくれる!「人生はアナタのもの」

今回ご紹介する名作4つのヒロインたちは、それぞれ全く異なった人生を送りながらも、共通点を持っています。それは、“誰かのせいにしたり、言い訳をせず、自分の人生を自分で選び取っている”ということ。英語でいうところの“for myself”のニュアンスに近いでしょうか。

とっても大切なことながら、「こうしなさい」というお説教をしたところで子どもにはなかなか伝わらないメッセージです。名作の読み聞かせを通じてお子さんに伝えてあげてはいかがでしょうか。

(1)『美女と野獣』

『美女と野獣』の主人公の娘は3姉妹の末っ子です。父親が野獣に弱みを握られ、娘を差し出す約束をしてしまいますが、姉二人はあれこれと言い訳をする中、ヒロインである末っ子の娘は“自分が野獣の元へ行く”という選択をします。途中、病気の父に会いたいと帰りますが、自らの意思で再び野獣の元へ戻るのです。

(2)『かしこいモリー』

『かしこいモリー』の主人公モリーも3姉妹の末っ子。彼女は両親に捨てられ、ひと食いの家に迷い込みます。不幸な境遇に屈することなく、モリーは勇気と知恵でさまざまな難題を突破したくましく生きます。

(3)『人魚姫』

『人魚姫』の元の物語の結末は、“家族の大反対を押し切って、命をかけて世界の違う男を好きになる”という、考えてみるとお姫様にしては型破りな選択をします。結局は王子と結ばれるという夢はもろくも破れ、水のあぶくとなってしまいます。

勝手に王子を好きになり、勝手にあぶくになった物語ですが、それでも主人公である人魚姫は、自分で進む道を選び、後悔のない人生を送ったさまが描写されています。

(4)『シンデレラ』

『シンデレラ』は実母の死、継母と継姉から辛く当たられるという不幸な運命に翻弄されますが、そのなかでも流れに抗うことはせず、命令されたことを淡々とこなします。

姉たちが命令や文句ばかりを口に出していても、シンデレラは、“祈り”“悲しみ”“感謝”を願い、言い続けます。

 

いかがでしたか?

親ならば誰しも、我が子には“自分の人生を選び生き抜くことで、後悔の無いよう生きてほしい”と思うもの。今回ご紹介した4つの名作は親自身にとっても“子ども達をどのように導いたらいいのか”という指針も示唆してくれていますので、自分の為にも子どもの為にも、読んでみませんか? 

 

【関連記事】

もう迷わない!「絵本選びに迷った時」の4つの決め手ポイントとは?

将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

ママも安心!自宅で好きな時間にできる「子どもの習い事」って?[PR]

聞いたことはあるけど実際どうなの?0才から英語をスタートするといい理由とは[PR]

【著者略歴】

※ mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

LINEで送る