へーこんな方法が!夏の大敵「かゆ~いあせも」を予防する意外な食べ物

207291985

小さな子どもって本当によく汗をかくものですよね。徐々に気温が上がってくるこの季節は、特に“あせも”が出やすくなります。大人でもガマンできないほどのかゆみがある“あせも”ですが、我慢できずにかいてしまうと悪化して“とびひ”になってしまうことも。

筆者の息子も肌が弱く、よくあせもになっているのですが、かゆさから眠れずに泣いている我が子を見ると、「どうにかしてあげたい!」と思いますよね。

そこで今回は、大人でもガマンできないほどのかゆみを伴う“あせも”を予防する意外な方法をご紹介します。

 

■1:快適に感じる「温度」と「湿度」を保つ

人間の体は、夏場で気温が27~28℃、湿度が50~60%で“快適”と感じるそうです。節電が叫ばれて久しい昨今ですが、エアコンを扇風機とセット使いすれば節電効果も上げながら、体感温度をちゃんと2~3℃下げる事ができますよ。

また、寝汗はあせもを作る大きな原因。寝苦しいほど暑い日は室内温度を少し下げましょう。寝汗をかかずにぐっすり眠れば、体力回復にもつながります。

のどの調子や寝冷えが気になって、就寝時にエアコンをつけることに抵抗がある方は、水枕や冷却剤入りのシートや枕を使うと良いでしょう。肌に触れるとひんやりするシーツや、マットもたくさん販売されているので、是非取り入れてみてくださいね。

 

LINEで送る