カフェインだけじゃない! 妊婦が飲んではいけない「ハーブティー」の意外な落とし穴とは

妊娠中はママの食べたものや飲んだものが赤ちゃんの栄養になるので、食べものや飲みものに注意を払わなければいけませんよね。特に飲みものは、アルコールやカフェインがその代表。そして、実は“ハーブティー”も妊娠中は控えたほうがいいのをご存知ですか?

ハーブティーってノンカフェインで、健康に良さそうなイメージが強いですが、妊娠中は気をつけて飲まないと、お腹の赤ちゃんや出産に思わぬ悪影響を与えてしまうこともあるのだそうです。

今日は、“妊娠中に気をつけたいハーブティー”についてお伝えしていきます。

 

■欧米では妊婦へのハーブ製品の摂取は推奨されていない!?

ハーブティーはアルコールやカフェインに比べると、自然で安全なものと思われがちですが、実はハーブの中には子宮収縮作用を引き起こす恐れのある、妊娠中に適さない作用をもつ成分を含むものが多くあります。

実際、アメリカやヨーロッパなど諸外国では、妊婦のハーブ製品摂取を「必要でない限り摂取しない」ことを推奨しています。ただ、すべてのハーブティーの摂取を控えたほうがいいかというと、そうではないのです。

LINEで送る