ママ大注目!累計30万台売れている「赤ちゃんを守るベビーグッズ」はコレ!

smart1

0歳から1歳の1年間の成長ってびっくりするくらい早いですよね。特に、動くようになってからは、昨日できなかったことが今日はできているなんてしょっちゅう。

また同時に、手に取ったものを口に入れるようになったり、今まで気にしていなかった危険な場所(キッチンやお風呂、玄関口など)に赤ちゃんがいつの間にか移動している……。こんな経験はありませんか?

そんなママ必見! 今回は、赤ちゃんのハイハイが始まる前に買っておいて良かったオススメベビーグッズをご紹介させていただきますね。

 

■累計30万台売れている!日本育児の安心ゲート

行動範囲の広がった赤ちゃんは思わぬ所に移動しがち。「あぶない!」となる前に、ママと赤ちゃんが安心してすごせる空間にしたいですよね。

そこでオススメなのが、日本育児の『スマートゲイトIIシリーズ』

smart2

日本育児といえば、ベビーサークルやチャイルドシートなど、子どものいる家庭に必ずひとつはグッズがあるくらい有名なメーカーですよね。我が家にもたくさんのグッズがあります。

その中でも“ゲートの日本育児”と呼ばれるくらい、様々なシーンに合わせた多種多様なゲートが日本育児から発売されているようです。

そこで、ハイハイを始めた赤ちゃんのいる家庭にピッタリな『スマートゲイトII』のオススメポイントを以下にまとめてみました!

 

■「スマートゲイトII」のここが良い!オススメポイント!

(1)扉を開けっ放しにできる

赤ちゃんを安全に守ってくれるゲートですが、ドアが毎回閉まると、面倒なんですよね。ですが、この『スマートゲイトII』は、扉を90度で開けっ放しにできる扉解放機能がついているため、赤ちゃんが寝ている間や掃除中など、ゲートを使用しない時もとても便利です。

(2)あると便利な機能がたくさん

2ポジションの取り付け位置で幅木に対応、そして子どもには開けにくい開閉方法、安心のダブルロック機能、つまずきを軽減するステップカバーなど、家の構造や使う側の事を考えて作られた、細かいポイントが詰め込まれています。

 (3)設置場所に合わせて選べるオプション

お部屋の間取りによっては、ベビーゲートを付けたいけれど、付けられないという方も多いはず。筆者の自宅は、リビング、ダイニング、キッチンが仕切られていない間取りのため、通常のベビーゲートを取り付けることができませんでした。そんな間取りの方にも、この『スマートゲイトII』はオススメです。

別売りのワイドパネルを使用すれば、取り付け幅が最大187cmになるため広い間口にもOK。また、手すりのある場所でも取り付けが可能なオプションもあるので、他で合わなくて諦めたママもチェックしてみては?

smart3

 

■さらに安全性をプラス!『スマートゲイトII+』

危険な側には開かない片開きドアや誤開閉を防止するロックカバー付きの、階段上でも使用できるゲートもあるようです。

smart4

 

いかがでしたか?

可愛いわが子には怪我をさせたくないのが親心。『スマートゲイトIIシリーズ』は、ベビーグッズに対して、とても細かく厳しいヨーロッパ基準をクリアしているため、安心して使うことができます。いつ動き出してもいいように、今のうちに準備しておくのもありですね。

 

【参考】

スマートゲイトIIの詳細はこちらから

Sponsored by 株式会社日本育児

LINEで送る