妊娠発覚前でも絶対やめて!「ダイエットし過ぎ」は赤ちゃんに影響があることが判明

260651828

「モデルのような体型になりたい!」そんな思いから、ダイエットに日々いそしむ女性も多いことでしょう。

しかし世界的に見ると、日本の女性は“痩せすぎ”と言われています。食事を抜くなどの間違えた方法でダイエットをしてしまうと、生きるために必要な栄養が不足して、身体も心もボロボロに…なんてことに。

それでも、「人に迷惑をかけてないんだからいいじゃない!」という方もいるかもしれませんが、あなたの人生で“最も大切な人”に大きな迷惑がかかることになるとしたら?

今日は、医学研究と研究結果を元に、女性が過度なダイエットをしてはいけない理由についてお話しします。

 

■妊娠が発覚してからでは遅い

妊娠中のママの体重がおなかの赤ちゃんに与える影響について、ニュースや書籍で目にしたことがある方も多いことでしょう。でも、妊娠していないと、自分とは関係のない話だと思ってしまいますよね。将来子どもができた時は気をつけようくらいには思うかもしれません。

ですが、妊娠が判明してから、食生活を改善すれば良いわけではないことが最近の研究で明らかになったのです。

米コロンビア大学の研究によると、“妊娠10週以内に母親が栄養不良であった場合、子どものDNAメチル化が変化して発育や代謝に関連する遺伝子の発現が59歳になっても改善されない”ということが判りました。

DNAメチル化の変化が引き起こす肥満や病気などのリスクについては、まだ分析されていないとのことですが、子どもが59歳になっても改善されないなんて大変なことですよね。

この母体の栄養不良によるDNAメチル化の変化は、妊娠中期や後期では認められず、妊娠初期のみに確認されたそうです。

つまり、妊娠が判明してから食生活を見直しても遅いということなのです。

 

LINEで送る