強くたくましく育てたい!「アメ派 vs ムチ派」子どもが伸びるしつけはどっち?

149278616

子どもには、心身ともに健康で、強くたくましく育ってほしいと思いますよね。そこで、親は子どもを褒めたり、叱ったり、励ましたりしながら育てていくものなのですが、“アメ”と“ムチ”の割合って、どうしていますか?

そこで今日は、そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者、立石美津子が乳幼児のしつけにおける“アメとムチの割合”についてお話しします。

 

■優しくて穏やかな「アメ派」のママ

公園でたくさんの子どもたちが遊んでいます。その中で、元気に走り回っている子が、つまづいて転んでしまいました。痛かったのもあるでしょうが、あまりに突然のことで驚いたのでしょう。嵐のように泣け叫びながらママの元へ。

すると、そのママは駆け込んできた子どもを優しく抱き締めながら「痛かったね。ビックリしたよね」と、優しい穏やかな声でなだめていました。筆者は幼いころ、母親に「そんなことくらいで泣くんじゃない!」と、頭ごなしに叱られたものです。

同じ母で、こうも違うものかと驚かされました。

 

■体育会系スパルタ式「ムチ派」のママ

著者が読み書きを教えている教室で、ある子どもの文字がとても上達しました。そこで、迎えに来たママに「○○ちゃんは文字がとても上手に書けるようになってきましたよ」と、子どもが書いた文字を見せながら伝えたのです。

すると、ママの口からは驚きの一言が。

「どうせ、先生に手を持ってもらって書いたんでしょ!」 

ママとしては、「先生にフォローしてもらって書いた文字で褒められても……」という、考えだったのかもしれません。

でも、そう言われて悲しみに打ちひしがれたその子の顔が、筆者は今でも忘れられません。

 

■幼少期に必要なのは「アメorムチ」?

子どもが褒められるようなことをしようが、泣き叫ぼうが、叱咤激励する体育会系のママは、きっと“強くたくましく育ってほしい”という思いや考えがあるのでしょう。でも、何をやっても褒められず、いつでも叱られていると、大人だってやる気が起こりません。

ましてや、まだ甘えたい盛りの乳幼児期に叱咤激励を続けていると、子どもは強い子になるどころか、不安でいっぱいになり、自信が持てない子になってしまいます。

ですから、乳幼児期は徹底して親が寄り添い、“何があってもママは味方”であることを身体全体で感じさせることが大切です。

 「どんなに恐ろしい状況なっても、危険が迫っても、怖くても僕には命がけて守ってくれる人がいる!帰るオアシスがある!」

そう思えるようになって初めて、未知のものにチャレンジする勇気が湧くのです。叱咤激励するのは、子どもが自ら行動を起こすようになってからなのです。

 

いかがでしたか?

ママの性格や考え方によって“アメ”が多かったり、“ムチ”が多かったり、対応は様々かと思いますが、乳幼児期は安心感を与えることが何より大切です。

振り返ってみて、子どもを褒めることが少なかった場合は、ちょっとムチが多いかもしれません。意識してアメを増やしていきましょうね。

【関連記事】

※ 優しいママモードはOFF!幼児期こそ「挫折体験」をさせておきたい理由

 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 判明!「パパ」と20分以上の入浴が子どもに及ぼす好影響

※ 今まで使ってた化粧水が合わなくなった!産前産後の肌荒れは●●肌のせい!?[PR]

やっぱり兄弟が欲しい!「2人目妊活」に励むママがおさえたいポイント[PR]

【姉妹サイト】

実は経済的!? 今、節約女子が「ウォーターサーバー」を取り入れている理由[PR]

太って当然!? 今スグ 「基礎代謝をメキメキ上げる」のに必要なのはアレ![PR]

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る