全然伝わっていなかった!叱っても「子供が全く理解できない」3つのNGワード

144862975

「また散らかしっぱなし!きちんと片付けなさいっ!」……思い当たるセリフじゃありませんか?

「うちの子は何度言っても全然ダメ」と、わが子の“言うことのきかなさ”に途方に暮れているママも多いことでしょう。でもそれって、実は“子どものせい”ではないのかもしれませんよ。

今回は、子育てコーチング専門家、菅原裕子さんの著書『子育てが変わる親の心得37』から、子供に伝わる話し方とNGフレーズの実例をピックアップし、今すぐに実践できる親子のコミュニケーション方法をご紹介します。

 

■NGフレーズ1:「きちんと(ちゃんと)~しなさい!」

「きちんとお片づけしなさい!」

1日に何度も口にする“お馴染みフレーズ”になってしまったというママも多いことでしょう。叱られた子供は自分なりに“きちんと”お片づけするのですが、ママはその完成度に納得できず、結局プリプリ怒りながら自分で片付てけていませんか?

実はコレ、子どもが“きちんと”片づけられないのは、どういう状態が“きちんと”しているのか、イメージが湧かないから。

こんな時は、「床にあるものを10個おもちゃ箱に入れてね」などと、具体的に声をかけてあげましょう。ママも一緒に1個、2個と数えながらおもちゃを拾い上げていると、あっという間にお部屋が片付きます!

LINEで送る