マヨラーになっちゃう!? 将来わが子を「味覚オンチ・偏食」にさせないための食育とは

283616099

子どもって苦手な食べ物が多いですよね。せっかく時間をかけて煮物や焼き魚などを作っても、顔を背けられてしまうこともしばしば。

でも、いつまでも好きなものばかりを食べさせていると、苦手な食べ物が減らないどころか、味オンチや偏食になってしまうかもしれませんよ。

そこで、今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者、立石美津子が子どもにも大人と同じものを食べさせたほうが良い理由についてお話しします。

 

■味覚は受け継がれていく!?

子どもが好き嫌いをしてなかなか食事をとらないと、栄養面で心配になりますよね。そこで、なんとか食べられる、スパゲティやオムライス、カレーライス……といった、お子様ランチの定番メニューを、子どものためだけに作っていませんか?

でも、これを続けていては子どもの味覚が育ちません。極端な場合、“お袋の味”が、全てケチャップやソース味になってしまいます。

多くの人は、子どもの頃に食べていたものが、大人になっても好きな食べ物だったりします。つまり、ママが大人になってもウィンナーばかり食べていたり、パパが何にでもマヨネーズをかけていると、子どもにとってもそれが当たり前になり、偏食や味覚オンチになってしまうのです!

もし、お子様向けメニューを別に作っているのなら、その労力を子どもの味覚の発達を意識した献立作りにかけ、“味覚の負の連鎖”を断ち切りましょう。

 

LINEで送る