正直イラッ!親世代と対立しがちな「子育てのギャップ3つ」と対処法

170286779

つかず離れず、程よい距離の理想的な関係だったのに、子供の誕生をきっかけに実家や義理の両親との関係が悪化してしまったというお話、よく聞きませんか?

この関係悪化の原因のほとんどが、育児に対する考え方の違い。確かに実母や義母は子育ての大先輩なのですが、子育ての知識や情報は数十年前から大きく変化しています。それなのに、育児に対して口を出されると、正直腹の立つこともありますよね。

そこで今回は、昔と今の常識の違いから起きる、“育児の世代間ギャップ”についてご紹介します。

 

■ギャップ1:母乳よりも「粉ミルク」を勧める

子供が生まれてまず始めにぶつかる関門が授乳。現在は、できるだけ母乳を与えることで子供の免疫力が強くなると考えられていますが、実はばあば世代が子育てをしていた1970年代は、母乳よりも粉ミルクのほうが栄養価が高いとされていました。

もちろん、母乳の出には個人差がありますし、仕事復帰のタイミングなど、個人によって事情が異なるので、必要に応じて粉ミルクを使用することには全く問題ありません。でも、70年代の子育て論を真に受けて、まだ出る母乳を早々と断乳する必要はありません。

また逆に、ばあばが母乳に固執して、よく母乳が出るからとお餅を勧められるという話を聞きますが、これも栄養状態の悪かった昔の知識。現在は食べ過ぎるとカロリー過剰でママ病気になりかねないと言われています。

 

LINEで送る