入園から数か月…まだ「朝の大号泣」を続ける子供のタイプ別対処法

89364730

4月から始まった保育園や幼稚園での新生活。大好きなママと少しでも離れるのが嫌で大号泣する……そんな子供たちの姿は春の恒例行事のようです。

しかし、入園して数か月が経つのに、わが子だけ大号泣し続けていると、「何か問題があるのかしら?」と不安になってしまいますよね。

今回は子供が登園時に泣き続ける原因と対処法をタイプ別にお話しします。

 

■タイプ1:入園以来、毎朝必ず泣く子

いつも一緒にいてくれたママと少しでも別れるのが辛く、不安から朝に泣いてしまう子供は少なくありません。これがいわゆる“分離不安”というもの。

筆者の子供が通う園の先生によると、登園に泣く子の多くは、園にだんだんと慣れ、入園後1か月もすると落ち着いて、泣かずに登園できるようになるそうです。

しかし、中には数ヶ月たっても泣き続ける子供が……。実は、筆者の第2子がこのタイプなのです。

毎朝、今生の別れかと思うほどドラマチックに大号泣。文字通り“母親から引き剥がされるようにして登園する”ということが数ヶ月続きました。入園から1年以上が経過した今でも、たまに泣きすがることがあります。

子供の大号泣はママにとっては罪悪感すら覚える一大事。見ているだけで辛くなるので「なんとかならないものか……」と、思い悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかし、園の先生によると、このタイプの子供は母親の姿が見えなくなった途端、ケロッと泣き止んで大声で歌ったり踊ったりしているのだとか……。

これは筆者の子が特別変わっているわけではないそうで、毎朝大号泣する子供のほとんどがこのような行動に出るんだそうです。

このタイプの子供を持つママに、幼児教育のプロが口をそろえて言うことは「子供が泣いているからといってぐずぐず園にとどまらず、さっと子供を先生にあずけて園を去ること」。

物陰から様子をうかがっていても、子供はなぜかママが近くにいるのを感じ取るそうで、身近に気配を感じる限り泣き続けるのだとか。このタイプの子供には、“あっさりとお別れ”が鉄則のようです。

 

LINEで送る