元看護師が教える!夫婦仲をビミョーにしない為の「つわり期のコミュニケーション術」

妊娠が分かり、まず多くのママが不安になるのがつわりの症状。つわり症状は人ぞれぞれです。

おめでた婚も含めてつわりの時期に夫との関係性が悪化する人もいます。そして、夫婦間でどのようなコミュニケーションを取るかが“つわりの症状を左右させる”ことがあるんです。

そんなつわりの時期に、どんなことを夫婦の中で気をつければいいのでしょうか?

今日は、元看護師でマタニティケア講師でもある筆者が、つわりの時期にも夫婦仲が良くなるコミュニケーション術とつわりを和らげる方法をお話します。

 

■「つわり」はママの性格が影響?

妊娠に気づき、喜びも束の間。ご飯を見るだけでも気持ち悪い、家事も全くできなくなった……。そんな経験をしたことがある、もしくは今経験しているママも多いはずです。

でも、このつわりの症状ですが、何でも頑張ってしまう“頑張り屋さんなほど症状が強くでる人が多い”のです。あなたの周りにも、「つわりがまったくなかった~」と語る人がいるかもしれませんが、もしかしたら、楽天的な考えの人が多くはありませんか?

つわりは、ママの性格や周りの環境なども影響すると言われています。そして、妊娠したことを温かい気持ちで過ごせたらいいのですが、流産の経験や高齢での妊娠など何らかのトラウマや心配事が、ママの不安を強くしているのかもしれません。

LINEで送る