SNSで自撮り写真が多い人は警戒されていた!? 「仕事探しママ」が注意したい基本行動3つ

妊娠や出産を機に仕事を辞め、子どもとの水入らずの休暇を経て、そろそろ仕事復帰をとお考えのママも多いと思います。新たに仕事を探すことって、気持ちの面や書類の準備など、とにかく“不安”がつきまといますよね。

そこで今日は、『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の筆者で、スクール経営者でもある平川裕貴が、経営者としての立場から“再就職を目指すママ”にアドバイスをお伝えします。

 

■「仕事探し」で見落としがちな基本的行動3

1)応募書の書き方で仕事への熱意を感じる!?

働きたい会社が決まり、応募するとなると、まずは履歴書を作成しますよね。当然ながら、履歴書は学歴、経歴、趣味嗜好、家族構成、居住地などチェックをされます。それらは変えることのできないことですし、“嘘を書くと詐称”として後で問題になりますので、正直に書きましょう。

字がきれいに越したことはありませんが、仮に字がきれいでなくても“丁寧に”書いてあれば、仕事に対する取組み方や、仕事に対する熱意が感じられるとして高評価になります。

反対に乱雑に書いてあれば、仕事もいい加減だろうし、本気で仕事をしたいと思っているのかと疑問に思われてしまいます。

育児中に文字を書く機会が減ったママは、久しぶりに字を書いてみると漢字を忘れていたり、上手に字が書けない……なんてこともありますよ。

 

2)「電話応対」で落ちることも!

筆者は社員を採用する時に、必ず自分で電話して面接日を知らせています。それは、電話での応対をチェックするためです。応対の著しく悪い人は、書類選考で落とすこともあります。

どんな業種の会社であっても、電話のない会社は一つもありません。またどれだけメールが発達しても、まったく電話を使わないという会社もありません。

電話は、テレビ電話でもない限り、相手の顔が見えません。それだけに“声のトーンは明るいか”“敬語を正しく使えているか”“面接日時の復唱をしたか”“連絡のお礼を言ったか”で印象が著しく変わってきます。

LINEで送る