ゲリラ豪雨…!意外と知らない「子どもを危険にさらす」NG避難場所とは

281811230

気温が高くなると、心配なのが“ゲリラ豪雨”と呼ばれる、突然の局地的大雨です。

子どもと一緒に公園で遊んでいる最中にゲリラ豪雨に見舞われたらとても怖いですよね。 ゲリラ豪雨の発生は年々増しており、いつどこで発生するかわかりません。

気象庁が公表した『気候変動監視レポート 2013』によれば、国内にある気象観測所1,300地点において、過去38年間に1時間に50ミリ及び80ミリ以上の短時間強雨の年間発生回数は大幅に増加しているということです。

小さな子どもをもつママとしてはこうした現在の気候変動に対して危機意識をもつことが必要とされています。

そこで今回は、自身も2児の母である筆者がゲリラ豪雨の前兆と、子どもと外出時にゲリラ豪雨に遭遇した時の対策についてお届けしていきます。

 

■出かける前に必ずやっておきたいこと

この時期毎日必ずやっておきたいのが、テレビやインターネットで天気予報をチェックしておくことです。

よく晴れていたとしても、お出かけ先のエリア内で「大気が不安定」「所により雷を伴う」「局地的大雨のおそれ」といった言葉が聞かれたら、雨具を持つ、周辺の雨宿りスポットをチェックしておくなどの対策をとっておきましょう。

LINEで送る