ママ友が我が子を叱った!「勝手に叱らないでよ or 叱ってくれてありがとう」どっちが正解?

子どもたちを連れてママ友とスーパーでお買い物。ママ友は自分の子どもが売り物のキャベツの葉っぱをちぎってるのに何も注意しません。さらにキウイや桃などの果物をグイグイ押しても黙っている様子……。

もし、あなたの子どもが同じことをしたらどうでしょう? きっとすぐに注意をするはずです。

躾の方針は家庭によってさまざまですが、あなたの基準からすると目にあまる行為に対して、あなたは黙って見て見ぬ振りをしますか? 

それとも、他人の子でも注意しますか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が他人の子どもの躾についてお話ししたいと思います。

 

■「逆切れ」するワケは、プライドを傷つけられているから?

赤の他人に我が子が叱られるととても不愉快ですよね。何故でしょうか。

それはプライドを傷つけられるからです。そのプライドとは“ママとしてのプライド”です。“我が子が他人に叱られる”ということは、ある意味「あなたの子育ての仕方がよくないから、あなたの子どもはこんな行動をとるんですよ。あなたの代わりに私が叱ってあげました」ということになります。

子どもの行動を通してあなた自身が非難されているように感じるので、気分が悪くなるのです。

 

LINEで送る