コメさえあれば何もいらない!? おいしいご飯をさらにおいしくするテクニックとは

みなさんは主食はお米派ですか?パン派ですか? めん類やグラノーラなどの穀類という方もいることでしょう。

でもやっぱり日本人はおいしいご飯! 思いっきり食べると「やっぱり主食はお米だよね!」と思うのは筆者だけではないはず。

そこで今回は、本当においしいご飯の研ぎ方と炊き方についてお話します。

 

■水が透明になるまで研ぐのは間違い!?

おいしいご飯への第一歩は、“お米を正しく研ぐ”ことから。

毎日食べているお米の研ぎ方を間違えるはずがないと思うかもしれませんが、周りの方にお米の研ぎ方を聞いてみてください。きっと、三者三様に自己流の研ぎ方を教えてくれるはずです。

そこで、あなたのお米の研ぎ方が正しいかどうか、チェックしてみましょう! ○か×で答えてみてください。

(1)お米を研ぐ前には1時間以上水につけておく

(2)お米とお米をこするように、ゴシゴシしっかりと研ぐ

(3)水が白くなくなるまでひたすら研ぐ

正解は……実は全部×なのです!

お米が一番吸水するのは、最初に水につけた時。その時に汚れやヌカがとれていない状態だと、汚い水を吸い込んでしまいます。ですから(1)は間違い。

また、力を入れて研ぎすぎると、米粒が割れたり欠けたりしてしまうので、(2)も間違い。

さらに、水を白く濁らせているのは汚れやヌカだけではありません。実は、白い水にはお米をおいしくする“でんぷん”も含まれているのです。つまり、水が透明になるということは、おいしさまで洗い流してしまったということなので、(3)も間違いです!

では、正しいお米のとぎ方はというと……

(1)水につけて手早くすすぐ(汚れを落とす)

(2)水がない状態でゴシゴシせずにかき混ぜるように20回程度優しく研ぐ

(3)水を入れた状態で10回程度かき回して、最後にすすいで終了

諸説あるようですが、基本はこの3ステップで良いと言われています。こんなに簡単なら、子どもにもお手伝いしてもらえそうですね!

 

■おいしいご飯のヒケツはやっぱり「かまど炊き」!?

おいしく炊くには、今も昔も変わらず“かまど炊き”が一番と言われています。でも、普通の家にはかまどなんてないですよね。最近は、自宅のコンロでかまど炊き風に炊ける“ごはん鍋”が人気だそうですが、これを毎日毎食、用意するのは大変ですよね。

そこで、かまど炊きと同じ状態が再現できる炊飯器“Wおどり炊き”がパナソニックから発売されたのです! でも、いくらスゴイと言われても、ご飯のおいしさなんて、食べてみないとわからないですよね。

そこで、ご飯大好きママにおすすめしたいのが、銀座の人気料亭で開催されている“Wおどり炊き食べ比べ亭”というイベント。

odori1

ここでは、ランチメニューをオーダーすると、Wおどり炊きで炊いたご飯と普通の炊飯器で炊いたご飯の食べ比べができちゃいます。

odori2

筆者も実際に食べてみたのですが、Wおどり炊きで炊いたご飯は1つ1つがピカピカと輝いていて、とにかく立派! 口に入れた瞬間に、お米本来の甘みや食感、旨みがふわっと広がり、「ご飯そのものにここまでの味があったのか!」と感激しました。

 

いかがでしたか?

お米の魅力を再発見した気分になれる絶品ご飯体験イベント。食べ比べで子どもにわかりやすく本物の味を教えてあげられるいい機会ですよね。

土日も開催しているので、お米が大好きなファミリーは是非足を運んでみてくださいね!

【関連記事】

※ 野菜高騰でもおトクに買い物をする節約ワザ&「夏野菜の常備菜レシピ」3選

※ 朝食ナシでOKなのは色白な人!「生まれつきの体質別」正しい食事回数とは

※ 妊娠中に食べると「赤ちゃんが健康になるもの」トップ10

※ 今まで使ってた化粧水が合わなくなった!産前産後の肌荒れは●●肌のせい!?[PR]

※ バーガー作りで野菜好きに!「親子でマックアドベンチャー」って何?[PR]

【姉妹サイト】

※ いつも使い切ってしまう…「貯金0円生活」から抜け出す方法

※ 健康維持が一番の節約!病気リスクを下げる生活習慣2つ

【参考】

Wおどり炊き、食べ比べ亭―銀座―

知っているようで知らない 本当においしいお米の炊き方―JAレーク大津

 

LINEで送る