あなたは「ママ感度」はどぉ? 見逃したらキケンな子どもの小さなSOSサイン10個

やんちゃで暴れてばかりいる元気な我が子、いつも多動な状態に慣れているママ。そんな子どもが静かにしていると「いったいどうしたのかしら?」とかえって不安になることありませんか?

でも、それってママが子どもの僅かな変化に気が付くことのできる“感度のいいアンテナ”を持っている証拠とも言えるのです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が子どもの小さな変化への気づきについてお話しします。

 

■見逃さないで!小さなSOSサイン10個

元々口数が少ない、怒りっぽい、特に日中あったことを話さない性質の子の場合、あまり敏感になって心配することはないでしょう。でもいつもすごく活発な子がそれと違った様子が見せたら、子どもに何かが起こっているのかもしれません。大きなストレスを抱えていてそれを態度に表しているのです。

こんなことはありませんか?

(1)いつもより口数が少ない

(2)持ち物がなくなっている

(3)食欲が落ちている

(4)寝つきが悪くなる

(5)怒りやすくなったりと、感情の起伏が激しい

(6)服が汚れている

(7)小さなケガがある

(8)友達のことを話さなくなる

(9)朝、幼稚園に行きたがらない

(10)行事を嫌がる

このようないつもと違うちょっとした仕草は子どもからSOSのサインかもしれません。特に誰かから苛められた時などは、子どもから直接「僕は○○君に嫌なことされて苦しい」とは訴えてきません。

“親だけには知られたくない”“仕返しされるのが怖い”と子どもは小さな頭で色んなことを思っているのです。

ですから、親は子どもから何か訴えてこなくてもこの小さなSOSのサインを見つけるアンテナを持っていることが大切になります。

 

■無条件に子どもを受け入れるのが親の証

いつも食事を残さず食べる子が大好きなトマトを残こしていたら……「お腹が痛いんじゃあないかしら?」「熱でもあるのかしら?」と不安になりますよね。

これと同じでいつも家中を走り回り、大騒ぎしている我が子がじっと座っていると、いつも多動な状態に慣れているママは何だか物凄く不安になります。

普段、「うちの子はなんて落ち着きがないんでしょう」と文句言いながら静かだと“自分の子どもの本来の姿”ではないような気がして胸がザワザワするものです。

これって世間一般からマイナスの評価を受けそうな部分も全部ひっくるめて、親は無条件に子どもを受け入れているという証です。それが親の愛なのです。

 

■失ってからじゃ遅いんです!

物騒な話ですが、もし、子どもが誘拐されたら“スーパーでお菓子を欲しがって地べた泣きする”“お友達を叩いて玩具を取る”“食べ物の好き嫌いが多い”それらのちっぽけなことで悩んでいた自分を「なんて贅沢な悩みを持っていたんだろう」と深く反省します。

そして「生きて無事に帰って来てくれさえすれば後は何もいらない」と強く思うものです。 

これから先、子どもが大病を患うかもしれません。「勉強できなくたっていい、健康が一番!」と思うものです。健康であることの大切さをシミジミ感じるでしょう。

失ってみて初めて“恵まれていることの幸せ”を感じられるものなんです。

 

いかがでしたか。

筆者は子ども達に指導をしています。普段、落ち着きのない生徒が珍しく椅子にじっと座っていました。お迎えにいらした保護者に「今日はとても落ち着いていてお利口さんでした」と褒めたところ「今日、息子は風邪を引いていて具合が悪いんです」と言われてしまいました。

とても変な空気が流れてしまいました……プロの教師でも他人の子どもの変化になかなか気が付かないものなんですね。あまり神経質になる必要もないこともありますが、感度のいいアンテナは親しか持っていないものです。よく観察しましょうね。

 

【関連記事】

あなたの子は大丈夫?●●が出来る子よりも「SOSを出せる子」にすべき理由

「育児しんどい…」と思った時に!夫への効果的なSOSサインの出し方

気付いてますか?子どもが発している「心のSOS」サイン7つ

子どものSOSサインに気付くことができない「ダメ親の特徴」5つ

忘れ物は届けるor 届けない?子どもの成長を妨げる「過保護な親」の事例3つ

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 目指せ!マシュマロのような赤ちゃん美肌のすっぴん美人

※ フォトカレンダーが成長記録に!子供も両親もハッピーになる子育てママ絶賛アプリ♡

【姉妹サイト】

※ 1つでもやってたら残念!夫を出世させる妻は「していない」3つのコト

※ 嘘みたいにスッキリ!「便通改善サプリ」でアナタの腸が変わる [PR]

結局、年齢なの?「出産したい女性」が知っておくべきAMHとは

貯め時を間違えると大変!子どもを大学まで行かせる貯金計画の立て方

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る