子育ての「エンドレス地獄」に苦しまないために今から気をつけるべきコト

273796877

子育ては終わりがありません。エンドレス。子どもが大きくなればなるほど、新しい課題が登場してきますよね。理想を追い求めていたら本当にきりがありません。

一体どこまで続くの?なんて1人悩んでいませんか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がエンドレス地獄に陥らないために気をつけたいことについてお話ししたいと思います。

 

■エンドレス地獄はこうして起こる

幼稚園児を持つこんな母親がいました。

子どもが運動会の駆けっこで3位になりました。

「もうちょっと練習して1位目指してがんばりなさい」と叱る

そして子どもがママの期待に応えようと努力し次の年の運動会で2位をとる

「あともうちょっとよ、来年こそ1位目指してがんばりなさい」

そして翌年ようやく子どもは1位をとる

「この調子で来年も1位ね、油断しないでね」

子育てでも同じことをしてしまいがちです。

妊娠中は「無事に生まれてくれさえすればいい」「五体満足であれば女の子でも男の子でもいい」と思っていたことでしょう。そして、元気に産まれてきてくれた我が子を見てとても幸せな気分になったのではないでしょうか?

ところが、そう思ったのも束の間。子育ては思い通りにならないことがたくさん起こりますよね。

子どもが8ヶ月になったら

「○○ちゃんの子は離乳食モリモリ食べるの、うちの子はミルクしか飲んでくれない」

1歳になったら「○○ちゃんはもう歩いているのにうちの子はまだ」

2歳になったら「○○君は二語話すのにうちの子は単語だけ」

欲求は更にエスカレートして18年後……

「○○さんとこの子は一流大学に合格したけれどうちは浪人生活」

「○○さんとこの子は正社員だけどうちは非正規雇用」

いつまでも結婚しないと「うちの子はまだ独身」と悩む。

結婚したら「○○さんのお宅は孫が4人もいるのにうちはまだ。」

「死ぬまでに一度でいいから自分の孫を抱きたい」とお嫁さんを脅迫。

他人と比較する人生、エンドレス地獄。ないものを見つけるのが得意です。でも、これでは手に入らないものだけ追い続けて人生終える悲しい人になってしまいます。

 

■あなたの子育ては「親の子育て」の再現!?

子どもが産まれると、突然「お母さん」になります。おむつの替え方や母乳のやり方は習うことができても、褒め方や叱り方、しつけの仕方は誰かに教わることはありません。

そうなると必然的に、自分が親から受けた育て方をそのまま自分の子どもに再現してしまいます。だって、自分の親の育て方しか知らないのですから。

もし、あなたが親から「○歳だから○○できなきゃいけない」「○歳だから○○すべき」という育てられ方をしていたら計画通りに進まない子育てに焦りと不安が募るでしょう。

あなたの考え方はあなたの親の子育ての仕方を受け継いでしまっているのです。でも、あまりよくない負の連鎖ですよね。あなたの世代でこれを断ち切ってみませんか。そうしないとあなたの子どももいつしか親になった時、同じことをしてしまいます。

 

出産直後のアルバムをめくってみましょう。「元気で生きてくれているだけでありがとう」と思っていた初心に返りましょう。

子どもがもし誘拐されたらきっとあなたは「生きて帰って来てさえくれれば何もいらない」と強く思うのではありませんか。

 

いかがでしたか。

明日からママ友の子や兄弟と比較しては「あれが出来ない。これが出来ない」と比べて理想を追い求めるのは一旦、止めてみませんか。

 

【関連記事】

※ 人格否定・体罰・暴言…「子どもの心に大きな傷」を与えるNGな叱り方7つ

※ あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ うっかりボロが出ます!「外で恥ずかしい思いをする」家でのNG習慣4つ

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る