ママ野菜ソムリエ直伝!子どもウケ抜群の「栄養満点カンタン野菜スイーツ」3選

247165873
 
苦みや酸味、独特の風味があったりする野菜たち。多かれ少なかれ、その野菜たちを「苦手」と子どもたちが思うのは、仕方のないことだと思いますが、現代の子どもの実に6割以上が、野菜嫌いなのをご存知ですか?

カゴメ株式会社が、全国の3歳~中学生のお子さんがいる女性800名を対象におこなったアンケートによれば、子どもに野菜の好き嫌いがあるかと聞いたところ、「以前からずっとある」が48.9%、「以前はなかったが、今はある」が11.9%で、合計60.8%という結果に。

また、好き嫌いがもっとも多かったのが、 男子は小学校低学年で67.0%。女子は3歳~小学校入学前で68.0%でした。

そこで今日はそんな子どもの苦手意識を消し去る!?子どもも大満足の野菜スイーツをママ野菜ソムリエの筆者がご紹介します。

 
ママが「子どもに食べてもらいたい野菜」って?

同アンケートによれば、子どもが食べてくれない野菜は、

1位:なす

2位:ピーマンしいたけ

3位:水菜

と、独特の風味があるものがランクイン。

また、そんな野菜嫌いの子どものママたちが思っている“これだけは食べてもらいたい野菜”には、ほうれんそうやトマト、ピーマン、ニンジンなど、栄養価が高い代表的な野菜たちが挙げられました。

どれも、ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜ですから、できるだけ食べられるようにしてあげたいですよね。

ちょっとだけでも「食べられた!」というきっかけがあれば、子どもも自信がついて、他のお料理でも口にできるようになったりすることも。そんなきっかけ作りに、野菜入りのスイーツはピッタリです。

今回は、ママが食べてもらいたいと思っている野菜を中心に、栄養満点野菜スイーツレシピをご紹介します!

 

子どももパクパク食べる!「栄養満点でカンタンな野菜スイーツレシピ」3選

●ニンジンのカップケーキ

ニンジンに豊富に含まれるβ-カロチンは、免疫力を活性化し、風邪を予防する効果があります。
さらにβ-カロチンは、体内で必要なだけビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれます。そんなニンジンをたっぷり使ったカップケーキです。

作り方:ニンジンのすりおろし(150g)、溶かしバター(30g)、とき卵(1個)、砂糖(大さじ2)、牛乳(120㏄)、ホットケーキミックス(200g)を混ぜ、カップに入れ、180℃に予熱したオーブンで、20~25分焼く。竹串を刺してみて、なにもついてこなかったら、できあがり。

ニンジンの風味控えめなので、子どもも気にならずに、食べてくれますよ!

 

●トマトゼリー

トマトと言えばリコピンが豊富。リコピンは、抗酸化作用があり、生活習慣病予防に効果が期待できます。また、リコピンの坑酸化作用は、β-カロチンの2倍以上、ビタミンEの100倍以上と言われています。そんなトマトを使ったゼリーはこれからの季節におすすめです!

作り方:皮を湯むきして、ミキサーにかけたトマト(1個)、オレンジジュース(200㏄)、ハチミツ(大さじ2)を混ぜ合わせたものに、粉ゼラチン(5g)を水(大さじ2)でふやかし、レンジで10秒程度加熱して溶かしたものを、加える。よくかきまぜたら、器に入れ、冷蔵庫で冷やし固めたら、できあがり。

オレンジジュースは、リンゴジュースにしてもおいしいですよ。

 

●ピーマンのチーズクラッカー

ピーマンはビタミンCが豊富で、1個に、約レモン1個分に相当するビタミンCが含まれています。また、ピーマンのビタミンCは加熱にも強いので、調理しても、十分ビタミンCが摂れるため、ぜひ食べたい野菜です。チーズの風味が加わることで子どもが苦手なピーマンの苦味が分からなくなります!

作り方:すりおろしたピーマン・約1.5個分(70g)、粉チーズ(大さじ2)、小麦粉(100g)、オリーブオイル(大さじ1)塩(ひとつまみ)を、ビニール袋に入れ、まとめる。オーブンシートの上で、2ミリほどの厚さに伸ばし、一口大に包丁で切れ目をいれたら、180℃に予熱したオーブンで、15分程度焼く。

ビタミンC豊富なパセリ、カルシウム豊富なコマツナなどでも、おいしく出来上がりますよ。

 

いかがでしたか?

どれも、食べやすい風味に仕上がりますので、きっとお子さんも、野菜とは知らずにおいしくパクパク食べてくれるでしょう。
子どもが沢山食べてくれたら、「ピーマンいっぱい食べられちゃったよ!」などとしっかり褒めてあげてくださいね!

 【関連記事】

※ 嫌いな野菜がアラ不思議…食べれちゃった!プロ直伝「アレンジ手巻き寿司」3選

※ 6割の子どもが野菜嫌い!どうして「野菜ぎらいな子」になるの?

※ 野菜保存の新常識!「買ったら即冷凍」がおすすめな理由

※ 免疫学者が「ダイエットに最も大事なのは食べ方」と断言する理由

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【参考】

※ 「子どもの野菜の好き嫌いに関する報告書」 – カゴメ株式会社

 

【著者略歴】

藤田光樹・・・ママ野菜ソムリエライター。独身時代に、野菜ソムリエの資格を取得。野菜ソムリエ歴・約10年。今までに、高級スーパー青果売り場・農園・ハーブ園などに勤務し、生産から販売まで、幅広く経験。現在は、2人の姉妹のママをしながら、野菜と食、子どもや暮らしに関する記事を中心に、野菜ソムリエWEBライターとして活動。忙しいママでも、野菜をおいしく楽しく取り入れられるレシピや暮らしのヒント、簡単に、親子で野菜を育てる楽しみ方などを提案しています。また、バナナソムリエとしても、レシピ開発や魅力を発信中。趣味の家庭菜園は、10年以上。埼玉で、薪ストーブを活用した木質バイオマスエネルギーによるロハスな暮らしを実践中。

LINEで送る