ママのカバンの中身は?「現役ママがそろってすすめる」子連れ外出グッズ

34358713

ほんの短時間の外出でも、旅行に出かけるような大荷物になってしまう子連れお出かけ。ママが抱える大きなカバンの中には子供のお世話グッズがぎっしり詰まっています。

今回は、子連れ外出の必需品や思わず真似したくなる便利なものなど、先輩ママたちが口をそろえておすすめするお役立ちグッズを子供の成長別にご紹介します。

 

■「離乳食期」のお出かけに便利なグッズ5選

赤ちゃんと一緒のお出かけといえばまずオムツ。オムツ数枚にオムツ替えマット、オシリ拭きなど、これだけでも相当な荷物です。

離乳食が始まると食べ物系の荷物がさらに倍増。粉ミルクと哺乳瓶に加え、子供の離乳食が必需品に加わります。

外食で食べられるものが増えてくると、重宝するのがヌードルカッター。赤ちゃんが大好きなうどんなどの麺類を簡単にカットでき、一度手にすると手放せないぐらい便利です。赤ちゃんの時期におさえておきたい外出グッズ5選はコチラ。

(1)オムツ関連一式

(2)ミルクや哺乳瓶など授乳関連一式

(3)バナナや赤ちゃん用の菓子などの非常食や離乳食

(4)フードカッターやスプーン、マグ、スタイなどの外食セット

(5)おしゃぶりや人形など、お気に入りのお昼寝の供

 

■「トイレトレーニング期」にあると活躍する持ち物5選

離乳食を卒業すると食べ物系の持ち物はひと段落。お握りなどの軽食を持ち歩くことも多いですが、荷物を減らしたいときは外出先で食料を調達することも可能です。

代わって幅を利かせるのが着替え。1歳半~3歳にトイレトレーニングを行う子供が多く、とくに春~夏にかけての暖かい時期はトレーニング開始に絶好とあり、お漏らし対策の下着や着替えを何着もカバンに詰め込んだママが急増します。

さっと広げられる折り畳み式補助便座やズボンと下着が一体になった着替えやすいトレーニングパンツなど、ひと技ありのトイレトレーニンググッズも人気です。この時期にあると便利な持ち物5選はコチラ。

(1)下着やズボンなどの着替え数着

(2)ウェットティッシュ

(3)幼児用補助便座などトイレ関連グッズ

(4)軽食やお菓子、スタイなど

(5)絆創膏などの応急セット

 

■「魔の2歳児」との外出を乗り切るグッズ5選

トイレトレーニングも終盤に差し掛かり、幼児食もすすむ頃には、世界的に有名な“魔の2歳児”に差し掛かっていることでしょう。とにかく動き回り、騒音レベルの大騒ぎを展開します。

ママの体力を消耗させる幼児パワーをコントロールするのに役立つのが玩具類。いつも持っているお気に入りの玩具も必要ですが、レストランや電車の中など、ここぞというときにはひそかに特別な玩具を用意しておきましょう。

ポイントは、普段は子供に与えず、特別のときにしか子供に遊ばせない玩具を決めておくこと。特別なシーンでしか出てこない特別な玩具であると子供が認識すればしめたもの。魔を封じたも同然です。

(1)いつものお気に入り玩具数点

(2)子供を黙らせる特別な玩具

(3)下着やズボンなどの着替え

(4)ウェットティッシュ

(5)絆創膏などの応急セット

 

いかがでしたか?

子供の成長に合わせた必需品だけではなく、夏は冷感シートや帽子、日焼け止めなどの暑さ対策グッズが加わるなど、季節によってもママのバッグの中身は変わっていきます。

普段はオムツや哺乳瓶の収納力に優れたマザーズバッグ、きちんとしたお出かけにはルイ・ヴィトンのネヴァーフルなど、シーンに合わせてバッグを変えて、自分の気分も上手に切り替えるママも多数。

準備さえクリアすれば子連れのお出かけはぐんと楽に。大変だからと家に閉じこもらずに、子供と一緒に外出を楽しんじゃいましょう。

 

【関連記事】

※ 生命体維持だった!? 赤ちゃんが「なんでも舐めたがる」オドロキの理由とは

お風呂を楽しみながら「ポッコリ腹」解消!ちょっとスゴイ入浴術

※ 夫の言動にカチンときても絶対ストレスをためない「黄金の口癖」

※ 理想の「2人目出産」っていつ?兄弟の年齢差別メリット・デメリットとは

【PICK UP! Sponsored 記事】

「専門家が答えます!」自転車保険って実際どうなの?  

※ フォトカレンダーが成長記録に!子供も両親もハッピーになる子育てママ絶賛アプリ♡

笑顔で外に出よう!「ママ年齢3歳」からのスキンケア  

自宅で無料体験!あの『ディズニーの英語システム』わくわく英語体験でベビーもご機嫌♪ 

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 結局、年齢なの?「出産したい女性」が知っておくべきAMHとは

【著者略歴】

林カオリ・・・15年のオーストラリア滞在の後、日本にUターン帰国。両国にて海外旅行・留学・ライフスタイル関連記事を多数執筆する。現在、女児2人の子育て真っ最中。国による育児事情の違いに人知れずショックを受ける日々。

LINEで送る