ほっぺが赤くなるアノ感染症がいま増加中!妊娠中は要注意な病気と対策2つ

140455942

ほっぺがリンゴのように赤くなり、風邪のような症状になるリンゴ病。最近、患者がすごく増えているのをご存知ですか?

そしてこのリンゴ病、子供が罹る病気として有名ですが、実は大人も感染することがあるのです。

さらに、妊婦がリンゴ病になった場合、流産や、赤ちゃんが“胎児水腫”という病気になる恐れもあるといいます。

そこで今日は、プレママが知っておきたいリンゴ病対策についてお伝えします。

 

■リンゴ病はなぜ怖い?

リンゴ病の正式名称は、“伝染性紅斑”と言います。飛沫などにより感染し、軽い風邪症状と、両頬や腕、足に紅い発疹がレース状に生じます。

小学生や幼児が罹りやすいのですが、大人にも感染することがあります。大人が感染した場合は、関節痛も現れることがあります。

注意したいのは、リンゴ病は子供たちが感染してもそれほど深刻な状態になることはなく自然に治癒していくのですが、妊娠初期に感染した場合、流産の恐れがあるということ。

さらに、妊娠4か月以降で感染すると、流産だけでなく、胎児の体に水がたまる“胎児水腫”という病気になる恐れもあるといいます。

厚生労働省によると、今年4月中旬からリンゴ病の報告が全国的に増えていて、過去5年の同じ時期より多いということ。

また、リンゴ病は7月上旬にピークを迎える傾向にあるとのことですから、これからの時、妊娠中のママは注意が必要です。

 

■プレママが知っておきたいリンゴ病対策2つ

(1)流行時期には幼稚園や学校など感染の機会が多い場所に近づかない

リンゴ病は、今のところワクチンなどがありません。ですので、感染予防対策としては、リンゴ病の流行時期には、幼稚園や学校など感染する確率の高い場所には近づかないことが一番有効な方法と言えます。

(2)きょうだいがいる場合は手洗いやうがいを徹底する

 幼稚園や保育園、小学校に通っているお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、感染しないよう、手洗いやうがいを徹底させましょう。

 

いかがでしたか?

それほど怖いイメージのないリンゴ病ですが、やはり妊娠中は注意が必要です。患者数も増加しており、これからがピークになるとのことですから、今日の記事を参考にプレママは早めに対策を!

 

【関連記事】

※ 生命体維持だった!? 赤ちゃんが「なんでも舐めたがる」オドロキの理由とは

※ 子育てが大好きなママはキケン!? 将来「空の巣症候群」になる兆候とは

※ 初めての妊娠!「マタニティブルーとは無縁」の幸せな夫婦時間を過ごす秘訣

※ 妊娠時「何キロ増」すればイイの?赤ちゃんにとって理想の太り方とは

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

※ 感染症週報第17巻第17号 – 厚生労働省・国立感染症研究所 

※ 伝染性紅斑(リンゴ病)わかりやすい感染症Q&A – 厚生労働省

【著者略歴】

※ 黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。

LINEで送る