ズバリ、競争は必要!でも子どもが「1番じゃなかった」とき親がかけてあげたい言葉とは?

143117110

天候が安定している5月に運動会を開催する幼稚園や小学校が増えてきているようですが、運動会のクライマックス“かけっこ”は親も子も盛り上がる人気競技の一つですよね。走り切って1等になった子はメダルを手にして大喜びしています。

しかし、その一方でかけっこが苦手な子は参加賞しかもらえません。

我が子がかけっこで活躍できない場合、「1等賞の子はいいけど、足が遅い我が子は失敗体験になって可愛そう。こんな思いさせたくない」と感じているママもいることでしょう。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が子どもを競争させることの必要性についてお話ししたいと思います。

 

■競争しないと「心が折れやすい子」になる

我が子と他の子を比べられ、優劣をつけられたくないと思うのは、当然の親心ではあります。けれども、実際の世の中は競争社会です。あと数年もすれば、小学校で成績を付けられて評価されるようになります。

少し前の“ゆとり教育”の時代、かけっこ自体を実施しない園や順位をつけない園がありました。転んでしまった子や足の遅い子をみんなで拍手して応援するならまだしも、“みんなで一斉にゴールする”のは、もはや競技ではありません。

こんなことをしていると、競争すること自体を避けるようになり、新しいことにチャレンジする意欲が湧きません。その結果、心が折れやすい子どもになってしまう場合もあります。

これは運動会に限った話ではありません。いい作品があっても、そうでもない作品を描いた子に配慮して、優秀作品を選ばないようなお絵かきコンクールも悪しき平等主義の例です。

 

■「競争に負けた子=ダメな子」ではない

順番や競争があるのは当たり前のことですが、その競争に負けたからといって子どもがダメな子ということではありません。

「優勝できなくてお前は悔しくないのか!」

「今度はもっと頑張って一番になろう!」

「努力が足りなかったね!」

こんな言葉を投げかけていませんか? 親は励ますつもりで言っているのかもしれませんが、これでは「優勝しなくては価値がない、1番でないと意味がない、負けることは悪いこと」と思うようになります。

そうなると「これ以上、頑張って走っても勝てない」と思った時点で歩き出したり、途中で棄権するようになってしまいます。また、子どもが1番になれたとしても、自分に負けた子を“ダメな子”と上から目線で評価する心が育ってしまう可能性もあります。

子どもが1番になれなかったときは、「残念ながら結果は出なかったけれども、最後まで走って素晴らしかった」「走る練習を重ねていたから体力がしっかり付いてきた」と、努力をした過程を認めてあげましょう。

 

■「比べること=悪」ではない

人間は順位がついていないものでも、優劣をつけてしまうものです。例えば、園の壁面にクラスの子全員の絵が展示してあったら、「あの子の絵はうまい、この子は下手」と大人は心の中で順位をつけてしまうものです。

子どもを比べないことに気を遣いすぎていると、比べること自体が悪と捉えてしまうようになり、「優劣をつける自分は悪いママ」だと自分を責めてしまう方もいるかもしれません。

でも、比べてしまうことは仕方がありません。心の中で「あの子の絵はうまいけど、うちの子は下手だな」と思うに留めて、言葉に出さなければ大丈夫ですよ。

 

いかがでしたか?

子どもは順位をつけられることで、実社会で生きていくために必要な心の強さを身に着けていきます。

負けた子は、悲しく、悔しい思いをすることになりますが、それだけで十分心が育っていきます。親がビリになったことを嘆き悲しんで、“傷口に塩を塗る”ような言葉をかけてはいけませんよ。

【関連記事】

※ 人格否定・体罰・暴言…「子どもの心に大きな傷」を与えるNGな叱り方7つ

※ あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

※ 子ども時代のコレでほぼ決定!将来「子どもがしっかりした大人」になる遊ばせ方

※ 子育てが大好きなママはキケン!? 将来「空の巣症候群」になる兆候とは

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ[PR]

【姉妹サイト】

※ ●●は小さくすべし!「食費がかさみがちな人」のNG習慣5つ

※ アレ…意味ない?使い方次第で逆効果になってしまう収納グッズ2つ

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

 

LINEで送る