「子育てしたい都市」最下位…!? 地元ライターがちょっと待った!意外な大阪の魅力3つ

155294837

日本にはいろいろな都市がありますが、もしも今とは違う場所で子育てするなら、あなたはどの街を選びますか?

株式会社Timersが行った『子育てパパ・ママの子育て環境と結婚相手の地元に関する意識調査』によると、子育てをしたい都市1位は”那覇市”でした。

しかし、その一方で「子育てをするのに避けたい都市」として不名誉な1位に選ばれた都市があります。それが筆者が生まれ育ち、今でも住んでいる “大阪市”なのです。

「治安が悪そう」「気候が悪そう」「物価が高そう」と散々な言われようですが、“住めば都”という言葉があるように、住んでいる人にしかわからない良さが大阪にもたくさんあります!

今日は、大阪市生まれで現在も大阪市在中の筆者が、イメージよりもずっと子育てしやすい大阪市の魅力をお伝えします。

 

■1:意外と「治安」は悪くない

子育てをするのに避けたい都市を大阪市に挙げた理由として多かったのが、「治安が悪そうだから(58.3%)」というもの。

確かに大阪府は長年犯罪率トップをひた走っているので、犯罪がとても多い危ない街と思われても仕方ありません。

しかし、筆者は大阪に長年住み、子育てをしてきて「やっぱり治安が悪いなあ…」と感じたことは、実は一度もないんです。

自分自身、ひったくりや痴漢、窃盗などの犯罪の被害に遭った経験は一度もありませんし、子どもが怖い思いや嫌な思いをさせられたことも、今のところありません。

筆者がたまたま事件や事故にあっていないわけではなく、周りの友人や知人に聞いてまわっても、治安が悪いと感じている人はほとんどいませんでした。

いくら治安が悪いと言っても、ここは世界一安全な国と言われている日本。普通に生活している分にはニュースになるような事故や事件に遭遇することはめったにありません。

 

■2.子育てに優しい制度・施設が意外とたくさんある

各自治体が実施している“こども医療助成制度”。子どもの医療費を助成してもらえるため、ママにとっては重要な制度ですが、自治体によって対象年齢が異なったり、親の所得によって制限があったりとかなりの差があるようです。

大阪市でもこの制度を取り入れていますが、対象年齢は15歳まで。2歳までは所得制限なしで助成を受けることができます。 

小学校入学前までに制限している自治体が多いことを考えると、制度として比較的恵まれていると言えるでしょう。大阪府の他の自治体でも、乳幼児医療助成制度により子どもにかかる医療費負担は少なくなっています。

子育て支援施設もたくさんあり、保育園や幼稚園の園庭開放も盛んで、未就園児が遊ぶ場所に意外と困りません。

 

■3.意外と自然災害の影響が小さい

筆者は以前関東に住んでいたこともあるのですが、関西と比較して地震が多いことや、公共交通機関が積雪の影響でストップしてしまうことに驚かされました。

大阪で起きるのは台風くらいですが、あまり被害はなく、水害などの大きなニュースもめったに耳にしません。自然災害が比較的少ないという点でも、大阪市は意外と過ごしやすいと筆者は感じています。

 

いかがでしたか?

ちなみに、子育て世代に特に人気の地区は、大阪市内では住吉区や鶴見区。大阪府下では、茨木市や豊中市、吹田市となっています。

子育てにはちょっと不向きなイメージが持たれやすい大阪市ですが、市内には企業の支社や支店などが多いため、転勤族の方にとっては無縁とは言いがたい地域ではないでしょうか。

大阪に転勤が決まったとしても、イメージに惑わされずに、落ち着いて情報収集をすれば、自分たちの生活スタイルに合いそうな地域がきっと見つかるはずですよ。

【関連記事】

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 厳しい現実!? 「ぶら下がりワーキングマザー」と認定されないために最低限やるべきこととは

※ 判明!「おっぱいを3歳以上まで続ける」とアノ病気の発生率が低下する

※ うっかりボロが出ます!「外で恥ずかしい思いをする」家でのNG習慣4つ

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

※ 子育てパパ・ママの子育て環境と結婚相手の地元に関する意識調査

【著者略歴】

※ 黄本恵子・・・2010年、ライターとして独立。自己啓発・コミュニケーションスキル系の本や、医療・医学系の本の編集協力・代行執筆を数多く手がける。現在、1児の母。日々ヤンチャぶりが増す息子に振り回されながら、執筆業に励んでいる。

LINEで送る