将来ゴリラ歩きになる!? 子どもの身体に起こってる異変「浮き指」チェックと対策2つ

筆者は先日『足を使う機会が減っている!? 「階段を上れない子ども」が増えている意外な原因とは』という記事を紹介しましたが、またまた気になるニュースを目にしました。“まっすぐ立てない子どもが増えている”というのです。

東京都品川区の小学校の先生が平成23年に調査した結果、足の指が地につかない“浮き指”がある生徒が81.7%もいたというのです。平成2年に大田区の小学校で調査した時は、16.3%だったというのですから、ここ20年の間に5倍以上の増加で急激に増えたことがわかります。

今日は『グローバル社会に生きるこどものための-6歳までに身に付けさせたい-しつけと習慣』の著者で、日本と欧米の優れた点を取り入れたしつけを提唱している平川裕貴が、子どもの身体に起こっている異変についてお話します。

 

■「浮き指」って?何が問題?

濡れた足でコンクリートの上を歩くと足形がつきますね。正常な足だと、指の跡が5本くっきりとつくはずなのです。

浮き指とは、指が浮いてしまっていて、跡がつかない状態です。1本だけの場合もありますし、全部の指が浮いてしまっている場合もあります。又、足が甲側に倒れているか、手で足を甲側に押してみて90度以上反る場合は浮指の恐れがあります。

浮き指があると、つま先に力が入らずかかとに重心がかかります。身体はバランスを取るために膝を曲げ、腰を落とし、肩が前にでて猫背になってしまい、ちょうどゴリラのような歩き方になるのです。

このようなバランスで歩くと、当然ながら、肩こりや腰痛やひざ痛、外反母趾や魚の目やタコなどを引き起こす原因になります。さらに、まっすぐ立っていられない、疲れやすい、転倒しやすくなるなどの問題が生じます。

“浮き指”は、ハイヒールを履くことの多い女性に多いとされていた症状ですが、それが子どもにまで広がっているのです。

 

■子どもの「浮き指」の原因

ハイヒールなど履くことのない子どもに、なぜ浮き指が増えてきたのでしょうか? それは、乳幼児期からの生活習慣が大きく変わってきたからです。

・赤ちゃん時代・・・歩行器、親が手を貸して歩かせようとするなどで、体全体を使う機会を奪われている

・1歳頃~・・・きつい靴下や靴、足先が細い靴、大きすぎる靴、小さすぎる靴などをはいている

・2歳頃~・・・ベビーカーや車で移動し、歩く距離が少ない

・3歳頃~・・・砂遊び、ぶらんこなどの固定遊具遊びなどの自分の体を自分で動かす遊びが主で、他の子によって動かされる“群れ遊び”が少ない

子どもには本来、十分に歩いたり走ったりという運動が必要です。けれど、近隣への配慮から家の中で静かに遊ばせることが多くなったこと、子ども達が走り回れる場所が減っていることなど。

また、子ども達も幼児期からお稽古ごとなどで、外で遊びまわるより車で移動することが多くなり、歩いたり走ったりする機会が極端に減っています。都会では特にこの傾向が顕著です。

 

■「浮き指」にならないための対策2つ

では、子どもが浮き指にならないようにするためにどうすればいいのでしょうか?

・赤ちゃんの時には、つかまり立ちやつたい歩きを思い切りさせる

・歩く機会を増やす

・公園などで思い切り走らせる

などですが、今の生活環境の中ではなかなか難しいかもしれませんね。そこで筆者のスクールでやっている方法を2つ紹介します。

(1)バランスゲーム・・・手を横(上でもOK)にして片足で立つ 

いくつ数えるまでジッと立っていられるか、両方の足でやります。ちょっとの隙間時間にやれます。

(2)雑巾がけ・・・フローリングの床なら、ぜひ子どもに雑巾がけをさせましょう。

かわいい雑巾を用意すると子ども達は喜んでやってくれますよ。時間を測ったり、ママと競争したりこれもゲームにしてしまいましょう。

 

いかがですか?

今は生活の中で工夫していかないと、子どもでも成人病になってしまうほど運動不足になってしまいます。子どもの健康のためにぜひ意識して、足を鍛えてくださいね。

 

【関連記事】

※ 足を使う機会が減っている!? 「階段を上れない子ども」が増えている意外な原因とは

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 人格否定・体罰・暴言…「子どもの心に大きな傷」を与えるNGな叱り方7つ

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

平川裕貴(2014)『グローバル社会に生きる子どものための – 6歳までに身に付けさせたい – しつけと習慣』(ギャラクシーブックス)

 ※ 平川裕貴(2014)『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』(彩図社)

真っ直ぐ立てない子供たち「まるでゴリラ」…足指に“異変”も – 産経ニュース 

浮き指 – 子どもの足と健康

【著者略歴】

※ 平川裕貴・・・専門家ライター。日本航空国際線CA、外資系英語スクールを経て、1988年に子供英会話教室設立。30年以上に亘り子供英語教育に携わり、現在3~6歳までの子供にバイリンガル教育を実施中。近著は『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』

LINEで送る