あ、結構言ってるかも…!? 本人の前で控えるべきNGな呼び方4つ

パッと相手の名前が思い浮かばないとき、「○○ちゃんママ」とか「ほら、あの痩せた人」とか「あの派手な人」と相手を特定するために様々な言い方をしますよね。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“ちょっと頂けない相手の呼び方”についてお話しします。

 

1:「見た目」や「外見」で呼ばない

保育士が子どもに「ほら、○○ちゃんお祖母ちゃんがきたよ」と言ったらお祖母ちゃんではなく年配のママだった。白髪もあり髪も薄い男性がお迎えにきたので「今日はお祖父ちゃんがお迎えなの、良かったね」と言ったらパパだった、なんて失礼な話があります。

見た目では判断せずに、一旦“お父さん”“お母さん”と呼ぶのが無難です。

よくありがちな、性別の判断がついかない1歳くらいの女の子に、見た目で「可愛い男の子」と言ってしまうと親はカチンときます。男の子で「可愛い女の子」と言われても“可愛い赤ちゃん”ということで許してくれたりします。誰でも“女の子”と呼んでいた方が無難です。

また、ママ友間の会話の中でもいくら相手の名前を思い出せないからといって、高齢出産で3人子持ちのママに“あの若作りな人”と呼んだり、“いつも遅刻してくるママ”“あのぽっちゃりな人”と外見で相手のことを話題にするのは止めましょうね。

うっかり本人の前で口を滑らせてしまう危険もあります。

 

2:「役割」だけで呼ばない

習い事の先生に対して子どもに「この月謝袋を英語の先生に渡して」「体操の先生に跳び箱をしっかり教えてもらうのよ」と家庭内で言っていたり、習い事の先生も自分のことを「先生の方を見ましょう」と自分の名前をアピールせずにいると、1年経過しても生徒から“体操の先生”と役割だけで呼ばれていたりします。

ちょっと寂しいですよね。でもこれは大人の言い方が悪かったのです。 

“体操の先生、英語の先生”ではなく“佐藤先生、まゆみ先生”などと話題に出すときは名前を言いましょう。

 

3:なんでも「奥さん」と付ける宅配便の人

何でも“奥さん”と付ける業者の人っていますよね。「ご注文のピザをお届けに参りました。奥さん、お釣りです」とか。何だか夫の所属物のように扱われている感じもします。離婚してシングルだった場合、「独身です」と言い返したくなります。

この慣習も気を付けたいですね。

 

4:「障害名」でひとくくりにして呼ぶ

障がい児を持つ親が子どもの障がいを受け入れていて、周囲に「うちの子は自閉症なの」、「ダウン症なのよ」とカミングアウトしているからと言って、周りがそれを真似して使うのは止めましょう。

たとえ「私デブだから」と自虐ネタ状態で自分のことを話している人も他人から「あなた太っているね。ぽっちゃり型だね」と言われると不愉快なものです。

これと同じで「自閉ちゃん」「ダウンちゃん」と障がい名でひとくくりにさえるとその親は傷つきます。また、同じ自閉症でも道順に異常にこだわる子、そうでもない子、スケジュールにこだわる子、同じ服装にこだわる子と様々です。

その親にとってはかけがえのない一人の子どもなのですから、グループ化して呼ぶのは避けましょうね。

 

いかがでしたか。

人にはそれぞれ親が“こう育ってほしい”と願って付けた立派な名前があります。他人からきちんと名前で呼ばれることにより自分は一人の人として認められている、尊重されていると感じます。

保育園や幼稚園で挨拶する時も「先生おはようございます」ではなく「○○先生おはようございます」や、友達にも「○○さんおはよう」と声をかけられた方が相手もきっと嬉しい筈ですよ。

 

【関連記事】

※ 「褒めて育てる」にはコツがある!褒めすぎは叱りすぎと同じくらい悪影響な5つの理由

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 人格否定・体罰・暴言…「子どもの心に大きな傷」を与えるNGな叱り方7つ

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る