「魔の2歳児」も天使にもどる!? 親子でハッピーになれる魔法のルール3つ

shutterstock_176382836

“魔の2歳児”ママならずとも、一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。 なんだか恐ろしげな言葉ですが、2歳児は本当に悪魔のようになってしまうのでしょうか?

今回は四児の母であり子育てアドバイザーである筆者が、「魔の2歳児」の正体と彼らとのつき合い方のコツをご紹介します。

 

■「魔の2歳児」の正体とは?

2歳児はやる気に目覚めたエネルギー体そのもの!と言っていいでしょう。

いつも怒りっぽい彼ら。親の方も、小さい頃はあんなに可愛かったのに、この頃はなんだか憎たらしく、ついつい衝突しがち。それはなぜなのでしょう?そこにはちゃんと理由があります。

●やりたい……、でも出来ないの!

それまで完全に親の腕の中に守られていた彼らは段々と「自分で」「ひとりで」やりたいと思い始めます。でもまだまだ小さな体では思うようにいきません。やりたい、でも出来ない……とてもフラストレーションの溜まる時期です。

しかもそれをママに分かってもらおうにも、言葉もうまく出てきません。イライラして、つい大声で泣いたり、かんしゃくを起こしてママを叩いたり。それが「魔の2歳児」と呼ばれる時期なのですね。

それでは、そんな彼らとどのようにつき合ったらいいかを提案します。

 

■「魔の2歳児」と上手に向き合う3つのルール

(1)気持ちを代弁する

「この子が怒っているのは、理由がある」「本当の気持ちを言いたいけど、言えなくて泣いている」この2つのことを憶えておいてください。そしてそれを信じてあげてください。そうすれば、ママには彼らの本当の気持ちが見えてくるはずです。

「そうか、あなたはこれがしたくて泣いてるの?」

「こんな風にしたかったけど、出来なくて怒っちゃったんだね」

そんな風に気持ちを代弁してみてください。出来るなら、ぎゅっと抱っこしながら。きっと魔法のように気持ちが落ち着くはずです。

 

(2)かんしゃくを起こしているときは、無関心を装う

この時期に間違ってもしてはいけないのは、泣いたり怒ったりする彼らの言いなりになることです。落ち着くまでには時間がかかります。辛抱強くその時を待ちましょう。

待っている間のポイントとしては“目を合わせない”“必要以上に口をきかない”こと。ママが怒って大声を出すのは逆効果。同じ事態を招くことになります。

 

(3)時々、とことんつき合う

彼らはやりたいことでいっぱい。でも大人の生活との折り合いは難しい……。いつもは無理でも、時々とことんつき合ってあげましょう!

オススメはいつも出来ない、でも子どもたちが泣くほどやりたがることです。たとえば、

・汚れてもいい服を着て、好きなだけ水たまりで遊ぶ

・じっくり時間をとって自宅玄関ドアの鍵開けに挑戦!

・公園じゃなくて、塀の上を手をつないでどこまでも

・アリの行列、どこまで続いてる?追いかけてみよう!

大満足の楽しかった時間は子どもたちに「ママが分かってくれた」という幸せをプレゼントしてくれるはずです。もしかしたら束の間、天使に戻るかもしれません。

 

いかがでしたか?

海外では“Terrible two”とも呼ばれるこの時期の子どもたち。筆者はこの時期を迎えた子どもたちの親御さん全てに「おめでとうございます!」の言葉を送ります。

腕にすっぽりと収まるサイズだった彼らが、すっくと立ち上がり「いつも手伝ってもらったり、やってもらったりしていたけど、もうそろそろひとりでやりたいの!」と主張し始めたのです。こんなに感慨深く、嬉しいことはありませんよね。

「魔の2歳児」があなたの元にやってきたとき、そんな風に思って、パパと祝杯をあげるのもいいかもしれません。

 

【関連記事】

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ そっくりマネしますよ!子どもの前で気を付けたい「親のNGな口癖」5つ

ららぽーと新三郷・イケア・コストコで楽しむ、終日ショッピングコース!

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

【姉妹サイト】
あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

LINEで送る