「里帰り出産」が関係悪化のきっかけに!? ストレスになる実母のタイプ2つ

165486266

里帰り出産で、実家の母に手伝ってもらえて助かった。精神的に支えられて心強かった……そういう経験談をよく耳にします。気兼ねなく何でも言えるお母さんに、産後のサポートしてもらえると本当に安心ですよね。

でも、その一方で、出産をきっかけに母親との関係が悪化したり、実母の言動によって夫婦に重大な亀裂が生じてしまう例も少なくありません。すべての母と娘が良好な関係であるとは限らないようです。

今日は『新・良妻賢母』認定講師の筆者が、里帰り出産がうまくいかない実母の2つのタイプと、その対応策をご提案したいと思います。

 

(1)支配欲が強いタイプの母親

「出産はお母さんが全部面倒を見てあげるから、実家に帰っておいで。」

そんな風に言ってくれる母親の中に、ちょっと行き過ぎの人がいます。

もともと、“子供は自分のもの”という感覚が強く、熱心に世話を焼いてくれるのが特徴。でも、一度自分の意にそぐわないことが出て来ると、不機嫌になって周りを振り回し困らせます。一生懸命にやってくれるだけに、なかなか困っていることを伝えられず、産後のデリケートな時期のママの、大きなストレスになることも。

自分の言っていることが絶対正しいと思い込んでいるこのタイプは、育児に関する新しい情報を受け容れません。孫がかわいいという気持ちから、その後も何かにつけて口出しやダメ出しをして来るので、そのままに何も策を講じないでいるとトラブルが続出……という事態になりかねません。

 

(2)悪口や愚痴の多いタイプの母親

普段の生活や、対人関係に不満を抱えている母親がこのタイプ。口から出るのは、周囲に対する文句や非難ばかりです。最初は献身的に手伝ってくれる母を悪者には出来ず、「それはヒドイね。大変だね」と話を聞いてあげることが出来ても、だんだんとストレスが溜まって来て、聞いていられなくなります。

「こんな母親のようにはなりたくない」そう思ってしまう瞬間は、そんな時かも知れませんね。

悪口の対象は、身近な実父や家族から、娘の夫にその矛先が移って行くこともあります。「あなたのダンナはなんかだらしないわね」「普通はもっと子供や奥さんのことを大事にするものよ」「父親失格じゃない」など、実母から何度もこのような言葉を聞かされているうちに、本当に夫との関係が悪くなってしまったという妻も少なくないのです。

 

■こんな母親への賢い対処術

昨今「毒親」という言葉が広く使われるようになるほど、実母との関係に苦悩する娘は多くなっています。「育ててくれた母親を悪く思ってはいけない」それが常識と思って苦しむのです。

でも、自分の不満や淋しさを、娘の世話を焼くという形で埋めようとして、思い通りにしようというのは間違っています。愚痴のはけ口にするのも、やってはいけないこと。された娘は、イヤな気持ちになって当然なのです。

けれど、母親だから言えない……そういうこともありますよね。もしずっと蓋をして来た母親への苦い思いが、“出産”という節目に露呈してしまったなら、これは本当の意味での母親からの自立の機会と捉えてみてはいかがでしょうか?

出産は、“母の娘”から“子供の母”になるターニングポイント。自分の母親も欠点や弱さを持つ一人の女性に過ぎないという視点を持つことも必要かも知れません。

聞いていてつらくなる悪口を聞き続けることはありませんし、機嫌を取る必要もありません。意識して自分と母親との境界線を引くことも大切なことなのです。

 

いかがでしょうか?

もしも母親との関係に息苦しさを感じているのなら、里帰り出産をしないという選択肢もあります。産褥入院が出来る助産院もありますし、地域によっては産後の家事支援を安く頼める公的サービスも充実してきています。

心身ともにデリケートになる産後、自分にとって一番ストレスのない環境を考えて、ハッピーな育児ライフをスタートさせて下さいね!

 

【関連記事】

※ 気をつけないと妊娠中の浮気も!? 妻が「夜のお誘い」を断る時のNGワード

※ 夫婦関係ギクシャクしてない?夫の自尊心を倍増させる魔法のフレーズとは

※ 帝王切開は母親失格なの?帝王切開になる原因と「ベストな出産」とは

※ 賢い主婦はもう使っている!上手に節約できる格安スマホ術

※ ららぽーと新三郷・イケア・コストコで楽しむ、終日ショッピングコース!

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【著者略歴】

芙蓉・・・ 「新・良妻賢母」認定講師。結婚から22年。夫からのDV・モラルハラスメントの問題で5年間別居生活を送る。誰もが離婚しかないと思うような状況から、 「新・良妻賢母」の実践により夫婦関係を修復し、新婚の時よりも仲良し夫婦に。その後45歳で自然妊娠し、元気な女の子を出産。上に大学生と高校生の子供 がおり、2男2女の母となる。現在15年ぶりの赤ちゃんの育児を満喫しながら、DV・別居・浮気などに悩む妻向けの講座やカウンセリング『別居・DV・浮気に悩む妻たちへ~愛ある家族になりましょう~』を行っている。

 

LINEで送る