「赤ちゃんはどこから生まれてきたの?」子どもの素朴な疑問への模範解答とは

166761821

「ママ、赤ちゃんはどこから生まれて来たの?」そんな風に小さなわが子から聞かれたらどうしますか? ぐっと詰まってしまう、「おしりから」とかわいいウソをついてしまう……そんな方が多いのではないでしょうか?

そもそも「性教育」という言葉に高いハードルを感じるのはなぜなのでしょうか。

今日は子どもに素朴な疑問を投げかけられた時どうして戸惑ってしまうのか?という謎を解明すべく、誕生学アドバイザーであるアンデルセンのりこさんへの取材をもとにこの質問への模範解答をご紹介します。

 

■「性教育」ってなんだか恥ずかしい・・・それはナゼ?

電車のつり広告、コンビニの本棚のグラビア誌など、今の日本は「性産業」のイメージがそこかしこに溢れかえっています。「性」という言葉を聞いたときに連想するこれらのイメージが、「いやらしいもの」とイコールになってしまうのですね。

 こういった社会環境も影響して、子どもへ性教育をすることが“恥ずかしい”という気持ちへとつながってしまっているのかもしれません。

 

■伝えたいのは、性産業の「性」ではなく、生殖の「性」!

誕生学アドバイザーが子どもたちに伝えるのは、「パパとママが愛し合ってあなたが生まれたのよ」という大本から、赤ちゃんがどんな風にお腹の中で育つのか、生まれてくるときには自分でどんな工夫をしているのかというきわめて具体的実際的な話をします。

そのため「コウノトリが~」なんていうウソはつきません。

誕生学は“生まれてきたことが嬉しくなると、未来が楽しくなる”をコンセプトに、産み生まれる力を再認識することで自尊感情を育むことを目的とした教育プログラムです。

難しい説明は置いておいて、実際の誕生学のお話は子どもたちにとって嬉しい驚きでいっぱい。赤ちゃんが生まれる様子を聞いて感動で泣いてしまう小学生もいるほどです。

 

■「赤ちゃんはどこから生まれてくるの?」の模範解答とは

そこで先述の素朴な、でも大人が困ってしまう疑問に対する模範解答をアンデルセンさんにお聞きしました。誕生学アドバイザーはこんな風に答えるのだそうです。

●自然分娩をしたママは・・・

いのちの道を進んでくるのよ。女の人の身体には、外につながる道が3つあるの。おしっこの道、うんちの道、そして真ん中に命の道があって、赤ちゃんはそこを通って生まれてくるんだよ。

●帝王切開で出産したママは・・・

ママのお腹にいのちの窓を開けてもらったよ。あなたがいのちの道を進むよりも窓を開けてもらった方が元気に生まれるよ~というサインをちゃんと出してくれたから、お医者さんや助産師さんがお手伝いしてくれたんだよ。

子供だましの表現は使わずに、分かりやすく真実を伝えています。“いのちの道”“いのちの窓”は、誕生の感動を伝えるにふさわしいステキな言葉ですね。

 

いかがでしたか?

「性教育」と聞くと少し敷居が高く感じられますが、伝えたいのは命の話。そこには、「生まれてくるのを、みんな待ってたよ」「あなたが生まれて嬉しかったよ」などの、子どもたちの胸を暖める、つまりは自尊心を高めるエピソードが満載です。

そう考えてみると、誰かに任せてしまうのは勿体無い話ですよね。誰でもすぐに真似できる、子どもたちへの性の伝え方を誕生学から学んでみてはどうでしょうか?

【関連記事】

※ 新事実!ママに「ハグされるのが多い」赤ちゃんに見られる驚きの特徴2つ

※ 四児を育てて気づいた!「トレーニングカップ」を使わない方が良い4つの理由

※ 「添い寝」が原因だった!? 睡眠不足でイライラしたら●●のサイズを確認すべし!

ららぽーと新三郷・イケア・コストコで楽しむ、終日ショッピングコース!

敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

【姉妹サイト】
あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【取材協力】
※ アンデルセンのりこ・・・シンガポール唯一の誕生学アドバイザーとして、子供たちに命の大切さを伝えたり、悩める母親達に性といのちの話を伝える活動をしている。2014年Birth Sense Singapore設立。各種セミナーを開催中。2男の母。

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

LINEで送る