「次はきっとうまくいくよ!」はNG!? ポジティブシンキングな子に育つ成功ルール2つ

“ポジティブシンキング”や“プラス思考”ってよく言いますよね。わが子も“どんなこともきっとうまくいくさ”と物事を肯定的に捉えられる明るくポジティブな人に育ってほしいもの。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が子どもがマイナス思考になってしまう親の態度とポジティブシンキングに育てるための大切なことについてお話しします。

 

■「今度はきっとうまくいくさ」の罠

子どもが何かに失敗したとき、何とか立ち直ってもらいたい、ポジティブであるべきと次のような言葉をかけていませんか。例えば運動会の徒競走で転んでビリになったときに、

「来年、頑張ればきっとうまくいくよ!」

「今度は絶対にいいことあるよ!」

これは裏を返せば「まだ頑張りが足りない。もっと努力しよう」や「落ち込んで弱音を吐いてはダメだ」と言っているのと同じことなのです。こうして“ポジティブな行動を強いること”によって、子どもは疲れたりストレスを感じたり気力が失せたりします。

 

■「現実逃避」は楽観主義の始まり!?

失敗したことを受け入れず、見ないようにするのは“現実逃避”です。子どものお気に入りのおもちゃが壊れて泣いた時に「おもちゃは壊れるものなの。また同じもの買ってあげるから」と言ってしまうのは現実逃避です。

わざと壊した訳でなくてもおもちゃが壊れたことをまずは受け入れさせましょう。

「ああ、壊れちゃったね。悲しいね」と子どもの悲しい気持ちに寄り添いましょう。何とかご機嫌をとろうと“壊れた物に対して見て見ぬ振り”をさせ、直ぐに同じものを買ってやるのはよくありませんよ。

 

■ ポジティブシンキングに育てるために大切なコト2つ

マイナス思考の人は、まだ起こりもしていない未来に対して「もし○○になったらどうしよう」と必要以上に不安感を持ち、巻き戻せない過去に対して「あの時、ああしなればよかったのに」と悔やんだりしています。

これは幼い頃から「前も同じこと言ったよね」とか「いつもそうなんだから」と過去を持ち出されたり、「失敗しないようにね」「そんなことしていると後で困るよ」と言われ続けた結果かもしれませんね。

ポジティブシンキングに育てるために大切なコトをご紹介します。

(1)「負」を受け入れる

本当のポジティブな姿勢は失敗も恐れず受け入れる態度です。人の性格は引っ込み思案だったり社交的だったり、明るかったり暗かったり様々。ですが、大概“引っ込み思案であることや暗いことは良くないこと”と捉えられます。これを何とか“積極的になろう”とか“明るくしていよう”と努力すると知らぬ間に無理がくるのです。

マイナスに思われることも自分の一面として受け入れることが“真のポジティブシンキング”なのです。

短所と感じていることも否定しないでいくと、“自分のことが嫌い“から“自分のことが好き“に変わります。自分のことが好きになることで、自分の価値を見出し自信が付き、結果、挑戦意欲も湧きます。

(2)小さな成功体験をさせる

プラス思考になる方法は小さな成功体験の積み重ねです。野菜が嫌いな子に対して“残さず食べないと悪い子、全部食べればイイ子”と高いハードルを与えてはなりません。小指の先でもいいので僅かでも食べたら「スゴイね、食べられたね!」と喜んであげましょう。

最初は小さいことででもいいので、少し頑張って出来たことをしっかり褒めてあげるのです。頑張ったら出来た、と認められた経験は本人にとっての自信になり前向きなチャレンジ精神を育てます。

 

いかがしたか?

ありのままの子どもを受け入れましょう。社交的な子を見て「あんな明るい積極的な子になってほしい」と引っ張らないこと。「あなたはあなたでいいのよ」という態度を示してやることです。こうして子どもは自分の存在に価値を感じることができプラス思考になっていきますよ。

 

【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 子育て心理学のプロが伝授!「我が子がなんでも話したくなるママになる」3つの秘訣

※ 敏感肌の赤ちゃんに優しさを。ベビー服の上手な洗濯コツ3つ

※ 賢い主婦はもう使っている!上手に節約できる格安スマホ術

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ あんなところやこんなところにも使える!超優秀100円グッズ活用法

※ 毎月給料日前ピンチな人は要確認!家計のムダをみつける2つの方法

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る