これでママも楽チンに!子どものやる気度がグンとUPする「お片づけ」の5ステップ

207214573

こどもたちの遊び方はいつでも自由奔放で豪快です。

楽しく遊ぶ様は見ていて微笑ましいものですが、さて、祭りが終わった後は惨憺たるありさま……。足の踏み場もないほど散らかった部屋をよそに、「ママ、テレビ見たい」なんて言われた日には笑顔もひきつってしまいますよね。

そこで今回は、子育てアドバイザーであり、四児の母である筆者が、子どもが一人でお片づけできるようになるまでの手順をお話します!

 

■「お片づけできる子」になるための5ステップ

ママが片付けしているそばから、子どもが他のおもちゃを取り出す……なんてこともよくあること。「いいかげんにしなさーい!!」と、雷を落とす前に、子どもが自分でお片付けをするように、ちょっとした工夫を取り入れてみませんか?

次の5つのステップを実践することで、親子で気持ちよくお片づけできるようになります。

ステップ1:しばらくは子どもと一緒にお片づけ

「お片づけして!」と言い放ったところで、子どもはなにをどうしたらいいのか、初めはわかりません。

“お片づけ”という言葉はとても抽象的ですから、具体的にどうしたらいいかを憶えてもらうために、しばらくは一緒にお片づけして、お手本を見せてあげましょう。

ステップ2:全てのおもちゃの「ホーム」を決める

“ホーム”とは物の“定位置”のこと。

おもちゃの定位置を、おもちゃを買うたびに決めるのはとても億劫に思えるかもしれませんが、全ての基本なので必ずここから始めましょう。

定位置を決めると言っても、ママがどんどん勝手に決めていてはいけません。ここで大切なのは“子どもと一緒に話し合って決めること”です。

これは子ども自身のためにとっても大切なこと。ママはあくまでも子どもがお片づけできるようになるためのサポートする立場だということを自認しましょう。

ステップ3:収納場所に入りきらないおもちゃや本は処分する

新しいおもちゃを買う時は、あまり遊ばなくなったおもちゃを、譲るなり捨てるなりして手放すことをあらかじめこ子どもと約束しておきます。

これは物がむやみやたらに増えていくことを防ぐためです。いつもきれいに片付いているおうちでは、当たり前にしているルールです。

ステップ4:パンパン収納せずに「少し余裕」を持たせる

ぎゅうぎゅうに詰まった本棚に本を押し込むのは大人でも億劫なものですよね。子どもがいつでも片づけられるようにするためには、簡単に出し入れできる隙間が必要です。

ステップ3の収納場所に入れる量は、この少しの余裕を含めて決めてください。

ステップ5:「なんでもBox」を1つだけ作る

定位置が決まらないものや収納しにくいものを、気軽にポンポン投げ込める“なんでもbox”があると気持ちが楽になります。

お片づけになれないうちは、とりあえずここに入れて、溜まってきた時に時間を作って一緒にお片づけ。という習慣づくりにも一役買ってくれる、便利な代物です。

 

いかがでしたか?

お片づけのルールを一度決めてしまうと、何よりママが楽になります。なぜなら、いつのまにかこどもたちは自然に「お片づけ」が出来るようになるからです。

ママはただでさえ大忙し。子どもが自分のものを管理できるようになるために、小さなころから練習してみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ 全然伝わっていなかった!子どもが「理解できないNGな叱り方」2つの法則

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ なぜ子どもはおもちゃを箱に入れられないのか?驚愕の理由が明らかに

※ 叩いちゃダメ!今までの常識を覆す最新の「布団ケア事情」とは

【姉妹サイト】

※ 実はアレも「医療費控除」の対象!残しとかないと損するレシートって?

※ 子供の入学や就職などの「突然の出費」に備えるには?

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。著者ブログにて、記事の裏話を更新しています!

LINEで送る