アレルギーの原因を抑えてくれる!ログホームが秘める驚くパワー3つ

いよいよ始まるGW。今年は天気に恵まれ、お出かけの計画を立てているママも多いのではないでしょうか。

近年、子どもたちが自然に触れる機会が減っていますよね。特に都会に住んでいる子どもたちは、自然の中で遊ぶ機会も少ないのでは?

そこで、GWは避暑地に行って自然と触れ合ってみませんか? 自然と触れ合うことは、子どもだけではなくママやパパにもいい効果があるんです!

そこで今回は、天然木の知られざるパワーを紹介します。

 

■木の性質を活かした「ログホーム」の驚くパワー3つ

スギ、ヒノキに含まれるフィトンチッドという芳香成分をご存知でしょうか? いわゆる“森林の香り”や“木の香り”のことで、新築の木造住宅や材木屋さんのニオイをイメージしていただくといいと思います。このフィトンチッドには、驚きの効果があるんです。

(1)消臭効果がある

森林には枯れた木や植物などがありますが、嫌な臭いはしませんよね。フィトンチッドには、消臭効果があるため森林はいつも爽やかなのです。この消臭効果は、身近な生活臭である、生ゴミ、タバコ、汚水などの消臭にも効果的です。

(2)血圧降下の鎮静効果がある

深呼吸しての香りを嗅ぐと落ち着きますよね。フィトンチッドには、血圧を下げるなど鎮静効果もあるんです! そのため、日常生活の家事育児や仕事などのストレスが溜まっているママやパパのストレス発散やリフレッシュにも効果抜群なんですよ。

(3)アレルギーの原因となるダニの繁殖を防いでくれる

フィトンチッドには、ダニの繁殖を防ぐ効果もあります。現代の家は、機密性が高く、高温多湿なためダニの天国になる恐れがあります。ですが、家に形が変わっても吸収し続けるログ材は室内の湿気を最大70%も吸収します。

この湿度調整作用によって、アレルギーの原因とされる家ダニやカビ、バクテリアの発生を抑制するのに最適とされる室内相対湿度 35~60%に室内が保たれます。

ダニの繁殖を抑えてくれるなんて驚きですよね。

 

■おとぎ話に出てくるような森の中の託児所

そして、こんな施設が話題を呼んでいます。ホンカ・ジャパンによって建てられた“森の中の託児所エンジェルの森”。

山梨県忍野村にある0歳~2歳を対象にした森の中にあるログホームで作られた託児施設なんです。

天然の素材であるログ材を用いた建物は健康に良い影響を与えるといわれていて、1日のうち多くの時間を室内で過ごす保育園や託児所の子どもの健康にとって理想的な環境といえます。

ログホームで過ごすことは健康だけのメリットだけではなく、リラックス効果による精神的な安定も得ることができます。

オーストリアの研究によると、木造建築の学校で学ぶ児童の平均心拍数は、通常の教室で過ごす児童に比べ1日8,600回も少なくなり、子どもがより“落ち着いている”という状態が生まれる事がわかっています。

また、自然と触れ合う機会の少ない現代の子どもたちは、自然との触れ合いを考えるいい機会にもなるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

木に触れることは、リラックス効果を得るだけではなく、温もりを感じて健康的に過ごせるので、マイホームを計画している人やリフォームを考えている人、子どものアレルギーに悩んでいる人は、木材を見直してみるのもいいかもしれないですね。

 

【参考】

※ ホンカ・ジャパン

※ 森の中の託児所 エンジェルの森

LINEで送る