春になると憂鬱に…?ママを悩ます「役員決め」と周囲から冷ややかな目で見られるNG発言

92527498

毎年、春になるとママたちの頭を悩ます役員決め、ハラハラドキドキですよね。

役員になると家庭や仕事にも影響してくるので、ほとんどの人が「役員になりたくない」と感じているのではないでしょうか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が役員になった時の振る舞い方についてお話したいと思います。

 

■重苦しい雰囲気の役員決めとNG発言

保育園ではあまりない光景ですが、幼稚園では役員になるとバザーや運動会前などは園に通い詰めなくてはならないこともあります。仕事をしているママも多い中、役員決めでもめるのは当たり前のことと言えます。

そんな中、堂々と「私は仕事があるので出来ません」と自分の主張を訴え、専業主婦が進んで引き受けるべきだという無言の圧力をかける人もいます。

子どもが年少の時に引き受けておいた方が絶対に三役は回ってこないと読んで手を挙げようかと迷う人も。

役員決めの当日は重苦しい雰囲気で、皆下を向いて夕方遅くまで続きエンドレスになることもあります。

中には役員決めの日に「シフトで仕事があるから」と嘘をついて休もうとする人も出てきて、園側もそれをお見通しで「お休みした人は万が一会長に選ばれても文句言う権利なし」なんて言われることもあります。

これから1年、園と協力して行事を盛り上げていくための最初のメンバー決めがこんな状態でしたら、何のための役員決めがわからなくなってしまいますよね。

 

■「できない」理由をあげればキリなし!

病人や介護する老人を抱えている、シングルマザー、妊娠中、赤ちゃんが生まれたばかり、兄弟が多くて過去に何度も役員をやっていた、上の子の小学校の役員を今年引き受けている等々。できない理由を挙げればきりがありませんね。

やりたくないのは誰も同じ。そしてそれぞれの家庭で抱えている事情はさまざまです。

でも、役が回ってくることもあるのです。こういった状況で“私は免除されて当然”という態度は控えましょう。これは一人ひとりの意識の問題です。

進んで手を挙げる人、気持ちよくやってくれる人がいればラッキーでしょう。でも、そんな希少な人がいないことがほとんど。ですから、あみだくじやジャンケンで決めることもあります。

すると全くやる気がない人、非協力的な人、園の方針にいつも批判的な人が当たってしまうこともあります。子どもが楽しみにしているイベントも「あれもこれも面倒だからやめましょう」とドンドン流れ、何のための行事なのかわからなくなってしまいます。

 

■何事も工夫次第で楽しくなる!

役割が回ってきたママは嘆くのではなく、その役割をどう楽しむかにフォーカスしましょう。また、役員にならなかった人も「あぁ逃れられた」と思わず、役員が一人で抱えないように協力する姿勢が大切ですね。

昔と違って共働きが増えている中、園側もそのあり方も考えなくてはなりませんが、ママの意識のもちようで、それを良い機会に変えられるかもしれません。

役員になったことで園のママ達との交流が深まった、新たに家族ぐるみで付き合えるママ友ができたなんてこともあります。

また、全員が仕事をしていたらこんな工夫もありです。

・土日や夜間に会合を開く

・集まる回数を最小限にする、あとはメールでのやりとりで済ます

・前もって資料を送り、目を通して答えを準備してもらってから話し合いに臨む

 

いかがでしたか?

子どもがお世話になっている幼稚園、少しでも園に貢献しようとする気持ちが大切です。

役員になった人もならなかった人も縁あって同じ幼稚園に通うママであることを忘れずに、一人一人が高い意識をもって親として子どもが育つ環境を整えていけたらいいですね。役員をすると園行事の手伝いを通じて先生との親密度も増し、子どもの園での様子を何かと教えてもらえるメリットもありますよ!

 

【関連記事】

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ 外国人が驚きを隠せない「日本人ママのスゴすぎる!」3つのコトとは?

※ ルーズにしちゃダメ!「初めて子どもに習い事」をさせるときに守るべき3つのルール  

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ 最新トレンド!海外で話題の「バターコーヒーダイエット」に絶対に必要なモノとは

※ 初めてだから失敗はイヤ!先輩ママが選んだ「ファーストシューズ」は?

※ 先輩ママおすすめ!抜け毛や白髪など「産後の髪トラブル」の解消法とは?

言葉はいらない!ハグとキスだけで「メッセージ」になるクマのぬいぐるみとは!?

【姉妹サイト】

逆効果だった!すればするほど「夫婦関係が険悪になる」妻の行動3つ

※ 趣味は妻!? 夫が「溺愛してしまう」オンナの共通点4つ

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る