実はありがた迷惑かも!?「子ども服のお下がり」あげる時に気をつけるべき最低限のマナー

子どもの成長は早く、着られなくなった洋服、特にブランドもので結構値段が張ったものなどをそのまま捨てるのはもったいないですよね。友達や近所の子で、我が子より身体が小さい子どもがいたら、“お下がり”をあげたくなります。

でも、時にはもらう側にとって、ありがた迷惑な場合もあるのです。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子がママ友にお下がりをあげるときに注意したいマナーについてお話します。

 

■お下がりを「あげる側」のマナーとは

ママ友に「うちの子が着られなくなったから良かったら着てね」と言われて渡された紙袋。中から出てきた次の物をどう感じるでしょうか?

・シミがついている、黄ばんだ服

・糸がほつれていたり、ボタンが外れてしまっている服

・穴が空いている、チャックが壊れている服

・毛玉が一杯、袖が伸びたヨレヨレのセーター

・履き古した靴

・一度でも履いた靴下やパンツの下着類

例え、「着ないものは捨ててもいいよ」と言われたとしても、古雑巾のような服を渡されてもちょっとドン引きしてしまいますよね。これは、歯形がついた食べかけの饅頭を「私はもうお腹、いっぱいだから良かったら食べてね」と言われているのと同じ様なこと。

また、一度でも肌を通した下着類はもらった側は、場合によっては「うちが貧乏と思われているのかしら」と見下されているような感情を持ってしまうこともあります。

基本的に“未使用・タグ付・ほぼ着なかった服・着ていたとしてもキレイに着ていた服”をお下がりにするのが、あげる側の最低限のマナーではないでしょうか。どうしても、もったいないと思ったら自分の家で雑巾にしてリサイクルしましょう。

 

■お下がりを「もらう側」は実はあまり喜んでいない?

洋服はそれぞれの好み、趣味趣向があります。いくらブランド品で値段が張るような洋服で「これ●●のブランドで高かったんだけどあまり着ていないからよかったらどうぞ」と言われても、趣味趣向に合わないものを子どもには着せたくありません。

あからさまに「うちの子の趣味じゃないから」や「似合いそうもないから」と断ってしまうと、人間関係に亀裂が入りギクシャクしてしまいます。

また、子だくさんな家庭に「大変そうだな、物入りだろうな」と感じていても、他のママ友や親戚から大量の子ども服をもらっている場合もあります。

家には着ない洋服が山積みにされて処分に困っているかもしれません。処分するにも、幼稚園のバザーに出すと処分したことがバレてしまうし、着ている姿を親切にくれたママ友に見せなくてはならず、気を遣わせている場合だってあります。

 

いかがでしたか?

人にお下がりをあげる時は「ほとんど手を通していないんだけど、良かったらどうかしら?もし、いらなかったら他に回すので遠慮なく言ってね」と相手が“断りやすい”一言を添えるといいですね。

また、あくまでも自分の好意であげたもの。後で着ている着ていないやお礼がないなど相手にとって“押しつけ”にならないように気を付けなければなりませんね。

 

 【関連記事】

※ 3歳までが勝負!ママが毎日すると「自信がある子」に育つ2つのコトとは

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ 子どもが親の言うことをコロッと聞くようになる究極の「言い回し」2つ6

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る