あ、言ってるかも…!? 子どもに恐怖感を植えつけるだけの「脅し文句フレーズ」6つ

137887073

子どもが言うことを聞かないとき、ついつい脅し文句を口にしてしまいますよね。

でも、一見、子どもが言うことを聞いたように見えても、それは恐怖に怯えて従っているだけだったりします。

 そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、良い脅しと良くない脅しについてお話ししたいと思います。

 

 ■恐怖感を植えつけるだけの脅し文句フレーズ6例

(1)「早く寝ないとお化けがくるよ!」

子どもがいつまでも寝てくれないとイライラしますよね。そんな時つい「早く寝ないとお化けが食べに来ちゃうよ」と言っていませんか? 一日の終わり、子どもは恐怖に震えて床に着きます。夢にきっと見ていると思います。「早く寝ようね」と言えば済むことですね。

 

(2)「赤ちゃん組に行ってもらうよ!」

保育園の2、3歳児クラス、子どもが言うことを聞かない時「赤ちゃん組に行ってもらうよ!」と言っている保育士がいます。これは決してよい躾け方とは言えませんね。

家庭でも下の赤ちゃんが出来てちょっと寂しくて不安定な上の子ども。ママに甘えたくて哺乳瓶を欲しがる赤ちゃん返りした子どもに対して「だったらオムツも着ける?」はいけません。子どもの気持ちを受け止めギュッと抱き締めて安心させたり、たまには哺乳瓶もOKしてあげましょうね。

 

(3)「お片付けしないと捨てちゃうからね」

オモチャをいつまでも散らかしていると「お片付けできないんだったら捨てちゃうからね」と言ってしまうことがあります。

出した物は元の指定席に戻すのが整理整頓の躾なので、「もとあった場所に戻そうね」とだけ言えば良いでしょう。

 

 (4)「スイカの種を飲んだお腹がスイカになって死んじゃう」

“スイカの種を飲むと胃に入って芽が出てお腹にスイカがなって死ぬ“と言われた女の子。パパがスイカの種を出さないのを見て「死んでしまうのではないか」と恐怖に襲われました。「スイカの種を飲んだら消化が悪くお腹が痛くなる」と言えばいいのです。

 

(5)「耳アカをとらないと虫になっちゃう」

なかなか耳掃除をさせてくれない子ども。「耳アカを取らないと耳の奥で虫に変身してしまう」と言ったらおとなしく取らせてくれました。でも、この言葉を真に受けた子どもは、その日を境に親が見ていないところで綿棒で神経質に掘るようになってしまいました。

 

(6)「これは毒なの」

確かに着色料や保存料が入った食べ物は身体には良くないかもしれませせんが“毒”と言い切るのはどうでしょうか? おじいちゃんが色付きのジュースを飲んていた時、孫が放った一言!「おじいちゃんは毒入りのジュースを飲んでいる!」

 

いかがでしたか?

小さい子どもに言うことを聞かせるための“鬼が登場するアプリ”もあるようですが、本来、躾は「鬼が来るから」の理由でするものではありませんよね。また、「鬼に言いつけるよ」、「お化けが来るよ」と脅かしても慣れてしまったり、脅しだとばれてしまいそのうち通用しなくなってしまいます。

実際、それをすると命に関わるような事態になることもあります。例えば、横断歩道を赤で渡るといったこと。そういった場合は「車に跳ねられて大怪我または死んでしまうと2度とママに会えなくなっちゃうんだよ」など、嘘や脅しではなく真実を子どもにしっかりと伝えましょう。

躾けはどうしてそれをしなくてはならないのか理由をきちんと説明し、繰り返し教えていくこと。子ども騙しの脅しはできるだけ控えましょうね。

【関連記事】

※ たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

※ 夫婦関係ギクシャクしてない?夫の自尊心を倍増させる魔法のフレーズとは

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る