たった1つ!4児のママが見つけた「言うことを聞かない子ども」をガラリと変える方法

189087986

「最近、うちの子は全然言うことを聞いてくれない」

公園で遊んでいるこどもに「そろそろ帰るよ」と声をかけても知らんぷり。以前はゴミ捨てや食器運びなどのお手伝いだって喜んでしてくれたのに、最近は全部「イヤ!」と言われてしまう。

そんなお悩みを抱えてはいませんか?

実はそれ、“あること”をするだけで魔法のように解決できるんです。

今回は子育てアドバイザーで四児の母でもある筆者が、こどもが言うことを聞いてくれない理由とその対処法をご紹介します!

 

子どもはなぜママの言うことを聞いてくれないの?

こどもたちは「大好きなママにはいつもニコニコしてもらいたい!」と思っています。

そう言うと、「あんなにいつも憎たらしいのに」と思うママもいることでしょう。ですが、それは本当のこと。こどもたちはいつも“ママの望む自分”になりたいと願っています。

では、どうしてママの言うことを聞いてくれないのかというと、それは「ママに自分を見て欲しい!」というメッセージを送っているからなのです。

 

子どもの話の優先順位を下げていませんか?

こどもたちが「あのね、今日ね、こんなことがあってね……」と話そうとしている時に、「宿題は終ったの?」「お片付けが終わってからね」と、話を遮っていませんか?

ママにとっての優先順位と、こどもたちの優先順位は違います。宿題やお片づけはもちろん大事なことですが、こどもたちの聞いて欲しい気持ちを後回しにしていないでしょうか?

時には自分を優先して欲しい気持ち、きっとママなら分かるはずです。帰宅したパパに話を聞いて欲しいのに、「シャワー浴びてから」「休みの日にゆっくり」などと先延ばしにされたら、悲しくやるせない気持ちになりますよね。

ママの忙しさを思うと無理もないのですが、子どもの聞いてほしい気持ちを後回しにしたツケは必ずやってきます。それが、“言うことを聞かない”というメッセージになるのです。

そうなってしまったらもう遅く……はありません。挽回する方法を次にご紹介します。

 

子どもの「こだわり」にとことん向き合おう!

“後回し”にされて鬱憤が溜まっているこどもたちは、ちょっとしたことに、ものすごい“こだわり”を見せるものです。

例えば、お散歩中にこのマンホールのふたをジッと見たり、ドアの鍵を自分で開けることにこだわったり。

大人からすると「そんなことしてないで早く!」と思うようなことにこだわりますが、その“こだわり”としっかりと向きあってほしいのです。

筆者の体験談をしましょう。

初めての赤ちゃんとして我が家にやってきた長女と、まだ若輩だった私は、端から見るとそれはそれは騒がしくやかましい親子でした。

公園から帰るときに号泣するので抱えて帰る。静止を振り切って道路へ飛び出す、叫ぶ私……。思い出すだけで赤面してしまいますが、長女はとにかく言うことを聞かない子だったのです。

そんな長女が幼稚園へ入園した時、「この子は、きっと育てるのが大変でしょうね」と幼稚園の先生に言われてしまいました。知っているとはいえショックでした。

それからというものの、長女の“こだわり”に徹底的に向き合うようにしたのです。すると、しばらくしてから幼稚園の先生に「最近、長女ちゃん変わりましたね。お話を聞いてくれるようになりました」と言われたのです。

 

いかがでしたか?

小さい子がいる生活は大変なものですが、一度立ち止まって、我が子の“こだわり”を眺めてみてください。時間に追われているときには見えなかったものが見えるかもしれません。

こどもとの暮らしは、そういった驚きや発見、感動を与えてくれるから素晴らしいのですよね。

 

【関連記事】

※ 効果出ません!「やる気がない子」「言うことを聞かない子」へのNGしつけ法とは

※ やんちゃは「個性」じゃないです!しつけができていない親がしがちな勘違いって?

※ 将来子どもが困ることに…!幼児期からでも「しつけ」ておきたい4つのこと

子どもが親の言うことをコロッと聞くようになる究極の「言い回し」2つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

※ 【お腹についた憎き脂肪】今年も水着は無理…と諦めているあなたに![PR]

※ 【まだ悩んでるの?】毎日のおむつ替えや寝かしつけがグッと楽になる方法とは[PR]

【筆者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。子育てのお悩みのご相談は、micasmilemica☆gmail.comまでお気軽にメールください。(☆を@に変えてくださいね)

LINEで送る