ダメばかりじゃ子どもだって嫌になる!子供の心に届きやすい「アイメッセージ」の伝え方

親として、人生の先輩として、子どもの行動に「それは善、それは悪」と白黒を教える必要がありますよね。

でも、時には善・悪ではなく親自身の気持ちで「ママはそれが嫌い」「ママはそれが好き」という判断があってもいいのではないでしょうか。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者・立石美津子が“ダメばかりではいけない言葉の使い分け”についてお話します。 

 

■ママの「イヤ」な気持ちを伝えてみよう

スーパーでお買い物しているときに、子どもが「お菓子買って、買って!」と騒いだとき、「ダメ!今日は買わないって約束したでしょ。今度から一緒にお買い物に連れて行かないからね」と言っていませんか?

レジ横に置かれた飴やガムが目に入り欲しくなるのは、人間の欲求として当たり前で、お菓子を欲しがることは悪いことではありません。

もし、子どもが欲しがったら、欲しがることに対して頭ごなしに“ダメ”と言うのではなくママの気持ちを伝えてみてください。

「ママはイヤだな」

「ママは買いたくないの」

「お菓子、美味しそうだね。でも残念だけど今日は買わないのよ」

子どもの“行為や行動が悪い”と審判するのではなく、ママの気持ちを伝えるのです。そうすることによって“どの行動が正しくてどの行動が正しくない”のかが、判断がつくようになります。

 

■「I(アイ)メッセージ」の伝え方とは

「私が●●してほしい」と主語を“私”として、自分がどう感じたか言い方に替えて思いを伝えると、相手に何をわかって欲しいのか真直ぐに伝えることができます。それを“I(アイ)メッセージ”といいます。

例えば、こんな伝え方にすると子どもも理解しやすいのではないでしょうか。

ゲームをしている我が子とテレビが見たいママ。ゲームの音量がちょっと大き過ぎてテレビの音が聞こえません。

そんな時に「ゲームがうるさい!」とか「ゲーム止めなさい!」と命令したくなりますが、子どもにとってはママが付けているテレビの音がうるさかったりします。その時は、I(アイ)メッセージに変えて次のように言ってみましょう。

「ママ(私)のテレビ音が聞こえないから、●●くん(あなた)のゲーム音量を下げてほしいな」

ゲームをしていることが悪いことではないので、自分がこうしてほしいからあなたもこうしてほしいと言い方を変えるだけで、伝わり方が違ってきますよね。

 

いかがでしたか。

“正しい行為か正しくない行為か”その行動により、かける言葉の使い分けが必要ですよ。

 

【関連記事】

※ なぜなぜ期が左右していた!将来「言われなくても勉強する子」になる親の対応とは

※ 「スゴい」「上手」はNGだった!4児のママが教える、子供のやる気がUPする上手な褒め方

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

 

LINEで送る