せっかちvsのんびり!夫婦ゲンカを未然に防ぐ「魔法の言い回し」とは

265594835

たまの休みの日にレストランやドライブに出かける時は、夫婦共にウキウキしているものです。

しかし、そういう時にも男女の考え方の違いによりトラブルが発生してしまうのです。

そこで今回は、夫婦カウンセラーの筆者が夫婦間で特にトラブルの原因となりやすい“ペースの違い”について、具体例を用いてお話します。

 

■「自分のペース」と人のペースは違う

世の中には、せっかちな人も、のんびりした人もいます。

常に時間を気にするような人と、何をするにも自分のペースで進めたい人が夫婦になった場合、ペースの違いからケンカが起こることがよくあります。

例えば夫婦で外出する際、マイペースな妻が準備に手間取っていると、せっかちな夫がイライラしてしまいますよね。

時間通りに外出できない苛立ちから、夫はついつい語気があがります。

「早くしろよ、いつまでモタモタしてるんだよ」

妻としては、せっかく夫とのお出かけですから、精一杯のオシャレをしたいものです。

「ちょっと待って、このネックレスでいいかな」

しかし、夫はとにかく時間を気にしているので、さらに妻をせかします。

「どれをつけても変わらないよ!早くしろよ!」 

こうなると、たいていの場合で出発前に大ゲンカになってしまうのです。

 

■「人のせい」にすると大ゲンカに

そもそも、妻はなぜ支度が遅れてしまったのでしょうか。

単に出発時間を把握していないとか、支度にかかる時間の読みが甘いという理由なら、夫に怒られても仕方ないかもしれません。

ですが、妻側にものっぴきならない理由があって支度が遅れてしまった場合、頭ごなしに怒られると腹が立ちます。

特に、外出先で必要なものの用意をしていたことが原因だった場合、「あなたがやってくれたら遅れなかったのに」と言い返してしまいたくなりますよね。しかし、それこそが火に油を注ぐ言葉になります。

では、このような事態を避けるためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

■あなたのせいを「あなたのため」に変える

一番有効かつ簡単な方法は、「あなたのせい」と言いたい気持ちをグッと抑えて、「あなたのために」という言い方に置き換えてみましょう。

例えば、

「ごめんね。あなたがいつも使っている目薬を探してたの」

「(目的地で)あなたの新しいカバンを一緒に選ぼうと思って、お店の場所を調べていたら遅れちゃった。ごめんなさい!」

というように、“夫に対しての行動”をしていたことを一つ入れておくのです。

もちろん、面倒だと感じる方もたくさんいることでしょう。しかし、夫の頭の中では“妻のせいで待たされている”から“自分のための行動で時間に遅れそう”というように考え方に変化が起こります。

それに対し、 「目薬なんていらないよ」とか「カバンなんて買わなくていいじゃん」というぶっきらぼうな返事をされるかもしれません。

しかし、心の中では“遅れた原因は自分にもある”ということを分かっているので、大ゲンカに発展したり、外出先で不穏な空気になったりはしなくなるでしょう。

 

いかがでしたか。

今回は夫がせっかちというパターンで対処法をお伝えしましたが、その逆パターンの夫婦もいることでしょう。どちらにせよ、まずはお互いの立場に立って考えてから発言をするクセを身に着けていきたいですね。

 

【関連記事】

絶対使わないで!封印するだけでみるみる「夫婦仲が良くなる」NGワード2つ

※ 絶対にやめて!どんどん子どもの行儀が悪くなる親のNG行動5つ

※ オトコは所有物の執着が強い!? デキる妻は知っている「夫の嫌がる行動」とは

スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選

【参考】

※ 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 Kindle版」 (株式会社デンショク)

 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 (紙書籍)

木村泰之(2012)「幸せな夫婦になるための5つのステップ」(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊)

男の気持ちを知る力

【著者略歴】

木村泰之・・・夫婦カウンセラー。『一般社団法人夫婦問題レスキュー隊』代表理事。カウンセリング、セミナー、相談者交流会、座談会、カウンセラー養成塾などを通じて夫婦問題に悩む方にアドバイスを送る。夫婦カウンセラー木村泰之amebaブログ『夫の浮気で離婚・修復に悩む女性の味方 夫婦カウンセラー

 

LINEで送る