ママのフリータイムが増える!? 「よその子どもを預かる」5つのメリット

子どもは小さな時から友達作りが始まっています。公園遊びや友達のお宅訪問は我が子の予定であり、イコールママの予定となりますよね。

小さな子どもにとって友達と遊ぶ時間はとても大切。楽しいことはもちろん、ちょっとした喧嘩でさえも成長の糧になります。

何よりも大切なのは、子どもたちの「この子と遊びたい!」という気持ちです。ママ同士の付き合いもありますが、思い切って“子どもだけ”を呼んで遊んでもらいませんか?

今回は四児の母であり、子育てアドバイザーである筆者が、この“子どもだけのお預かり”をするメリットをお伝えします。

 

■子どもだけを「預かる」メリット5つ

(1) ママ友のおもてなしが必要なし

お子さんだけでなく、ママ友も自宅に来るとなったら、部屋を綺麗にして、お菓子を出して……と気を遣ってしまうママが多いのではないでしょうか。

でも、子どもだけを呼ぶなら、おやつは普段食べさせているお菓子や、塩おにぎり、蒸かし芋などを大皿にどーんと出しておけばいいのです。こんなに気楽なことはありません。

(2)自分の時間を満喫

子どもたちが夢中になって遊んでいるとき、ママは完全にフリータイムです。

磨き残したキッチンのシンク、冷蔵庫の手あか、普段見落としがちな家事を徹底的にやっつけて、晴れ晴れとした気分になるのもよし、コーヒーを入れて、ゆっくり束の間の休憩時間をゆったり楽しむのもよし。

自分の時間を満喫できますよ!

(3) 見えなかった「子どもの個性」が見えてくる

子育てアドバイザーをしている筆者のもとには、幼稚園児の親から「自分の子がどういう子なのかよく分からない」という質問が、寄せられることがあります。

ママ同士のおしゃべりに夢中になっていると、子どもたちがどんなことをしているのかをつい見逃しがちですよね。

別室で夢中で遊ぶ子どもたち。そこから聞こえてくる会話に耳をすませてみてください。お気に入りの遊びやしゃべり方、それぞれの友達との関係など、たくさんの知らなかった子どもの個性を発見することが出来るはずです。

(4)子どもに自信がつく

住む場所、学校、遊ぶ友達、着る服、起きる時間……子どもの生活は親の支配下にあります。

そんな中で、「おともだちとのお約束」は“自分で自分のことを決める”いいチャンスです。まずは「この子と遊びたい」という主張から始まり、次にお友達との交渉。

そして自分のママ、相手のママとの交渉を経て初めて実現する「お約束」は、実は小さな子にとってかなり高度なやりとりを要します。「お友達と遊ぶ」お約束が成立するということは、子どもにとって大きな成功体験なのです。

また、“自分はママに尊重してもらえている”という自信がつくことにより、人の話をよく聞ける子になります。

(5)よその子どもが可愛く見える!

子ども同士で遊ぶ姿を見ているうちに、我が子だけでなく、友達の個性も見えてきます。運動会や学芸会の行事を通じ、それぞれの成長を喜び合えるので、ママ友との絆も深まりますよ。

 

いかがでしたか?

子どもだけを“お預かり”するのは慣れないと最初の一歩が難しいもの。しかし、やってしまえばそれほど大変なことはありません。

“お預かり”の習慣が出来るということは、いざというときにママ同士で助け合える、とても心強い関係を作れるということです。まずは自分のお子さんに登園前、「今日は保育園や幼稚園のあと、好きなお友達を家に呼んでいいよ」と提案してみてくださいね!

 

【関連記事】

3ステップ式!賢いママがしている「子供がひとりで起きられる」までのサポート

※ 子ども時代のコレでほぼ決定!将来「子どもがしっかりした大人」になる遊ばせ方

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

※ ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選

※ 生きたまま腸に届く!キレイなママは「こうじ酵素」でダイエット

【著者略歴】

mica・・・現代美術ギャラリー勤務時に夫と出会い半年で結婚、渡米。アメリカで年子姉妹を産み帰国。その後日本で3女と長男を自宅出産。現在は夫・姑・4人の子と共にシンガポール在住。 長女の不登校や苦しい罪悪感だらけの子育てを経て、今では自然体でこどもと接することが出来るようになった自身の経験を活かし、子育てアドバイザーの資格を取得。子育てのお悩みのご相談は、micasmilemica☆gmail.comまでお気軽にメールください。(☆を@に変えてくださいね)

LINEで送る