オトコは所有物の執着が強い!? デキる妻は知っている「夫の嫌がる行動」とは

世の中には様々な夫婦が存在しますが、夫婦に正解はありません。その二人にとって納得のいく関係であればいいのです。

毎日、喧嘩せず平穏に過ごせればいいですが、一緒に過ごせば、お互いの嫌なところも目についてしまうはず。

そこで今日は、夫婦カウンセラーの筆者が“夫の嫌がる行動と機嫌が良くなる行動”のポイントを具体的な例を交えてお話します。

 

■不要なモノは「思考の差」から生まれる

夫婦で暮らしていると、日常生活で使うお互いのモノがどんどん増えていきます。そうすると、古かったり使っていなかったり、壊れているモノが溜まり、捨てる必要がでてきます。

多くの場合、家庭を切り盛りしている妻が捨てるか判断をしていることが多いはずです。そして、お互いのモノをある程度処分する際に、夫のモノも許可なく捨てることもあります。

妻が 「あの人、この服もう何年も着ていないから、捨てちゃおう」と処分した後に、しばらく経ってから夫が「オレのあのシャツ知らない?ここに入れてあったはずなんだけど…」

「もうヨレヨレだし、着ていないようだから捨てたよ」と返答すると、「えーっ、何で捨てるんだよ、あの服はオレが社会人になって初めて買った思い出のシャツだったのに!」

家の中を整理したいという、妻の当たり前の気持ちから起きてしまったことですが、夫からしてみれば、妻が勝手にとった行動に映ってしまいます。しかも、“断りもなく、自分のものを捨てた”という気持ちが強く残ってしまうのです。

妻からすると、着ていないのだから捨てて当然と思っても、夫にとっては「何てことしたんだ、ふざけるな!」と、怒りの気持ちに変わってしまうのです。

 

■オトコは「所有物の執着が強い」生き物

この現象はなぜ起きるのでしょうか? それは、“男は所有物の執着が強い”ということです。

女性にも執着心はある程度ありますが、それは目に見えない感情だったり、思いへの執着の方が強いのです。一方で、男は“モノ・金・名誉・役職”など目に見えるものへのこだわりがとても強いのです。

「オレのモノなのに、何で捨てるんだ!」、「オレの大事にしているモノをお前はわかっていないだろう」と、良かれと思ってシャツを捨てた妻に対して憎い感情に変化してしますのです。

しかし、もう何年も着ていない服を大事だと言われても、妻には理解できません。服は着てこそ意味があって、箪笥の肥やしになっている服がそんなに大事なものとは思えないのです。

 

■選択権を渡して「自分で判断」させる

それでは、妻としては、どうするべきなのでしょうか? ポイントは選択権を渡すことです。

妻としては、夫のモノでも自分のモノでも、不要なものは処分したいところですが、そこはモノへの執着や思い入れが男女で差があります。捨てたいと思っても、すぐには処分せずにまずは確認をとりましょう。

「この服、着てないようだけど、まだ取っておく?結構ヨレヨレで着るにはちょっと似合わないかも…」と、妻なりの意見を入れて、どうするか確認するのです。そう言われると夫も「そうだよな、今さらこのシャツを着ることもないよな、処分してもいいか」となります。

夫には、“着るときがあるか”という感覚を持たせる事が大事です。なぜなら、ある事すら忘れているケースもありますが、それでも勝手に処分されれば怒るのが男です。

 

いかがでしたか?

男女には“思考の差”があります。どんなに仲のいい夫婦だとしても、相手のモノに対する思い入れまでは分かり兼ねます。

良かれと思ってとった行動で、夫の機嫌が悪くなるのであれば、自ら判断はせず、選択権を渡して確認をとれば、お互い気持ちよく過ごせますよね。

 

【関連記事】

※ 思わずキュン!夫が「結婚して良かったなぁ」と思ってしまう妻の発言とは

※ 妻の笑顔と「おかえりなさい」の一言が夫にとって大事な理由

※ ママ友へのプレゼントにも!セレブ御用達のおしゃれなベビーグッズ4選

※ 専門家が教える!「無口な夫でも会話をしたくなる」妻の会話術とは?

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【参考】

※ 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 Kindle版」 (株式会社デンショク)

 木村泰之(2014)「夫婦問題の処方箋~カウンセリング実例編~: 男の気持ちを知る力 (紙書籍)

木村泰之(2012)「幸せな夫婦になるための5つのステップ」(一般社団法人夫婦問題レスキュー隊)

男の気持ちを知る力

【著者略歴】

木村泰之・・・夫婦カウンセラー。『一般社団法人夫婦問題レスキュー隊』代表理事。カウンセリング、セミナー、相談者交流会、座談会、カウンセラー養成塾などを通じて夫婦問題に悩む方にアドバイスを送る。夫婦カウンセラー木村泰之amebaブログ『夫の浮気で離婚・修復に悩む女性の味方 夫婦カウンセラー

 

LINEで送る