あなたの子育ては失敗or成功?「幸せを感じられない子」にする親の口グセ

155188367

「子育てに失敗も成功もない」と言いますが、でも本当にそうでしょうか?

筆者は失敗、成功は存在すると思っています。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が子育ての失敗についてお話ししたいと思います。

 

■「幸せを感じられない子」に育ててない?

子育ての失敗成功があるとしたら、子どもが幸せ感を感じる“感度のいいアンテナ”を持つ大人に育ったのか、そうではないかのどちらかだと思います。

妊娠中「五体満足で生まれてきてさえくれればいい、女の子でも男の子でもどちらでもいい」と考えていたあなた。

ところが、そう思ったのも束の間……

子どもが8ヶ月になったら「○○ちゃんの子は離乳食モリモリ食べるのに、うちの子はミルクしか飲んでくれない」

1歳になったら「○○ちゃんはもう歩いているのにうちの子はまだ」

2歳になったら「○○君はたくさん話すのにうちの子は単語だけ」

4歳になったら「お友達はひらがなが書けるのにうちの子は全く書けない」

ママの欲求は知らず知らずにエスカレートしていきます。

18年後……

「○○さんとこの子は一流大学に合格したけれどうちは浪人生活」

「○○さんとこの子は正社員だけどうちは派遣」

子どもがいつまでも結婚しないと「うちの子はまだシングル…」

結婚しても「○○さんのお宅は孫が3人もいるのにうちはまだ。死ぬまでに孫を抱きたい」とお嫁さんを脅迫します。

他人と比較する人生に終わりはないのです。ないものを見つけるのが得意で、手に入らないものだけを追い続ける人生では幸せは十分に感じられません。

こんな親に育てられたら、子どもには自己肯定感なんか付くはずがありません。

子ども自身にも「常に人より優れていなくてはならない」という価値観が沁みついてしまいます。自己肯定感が低く、何を手に入れても満足できず幸せを感じられない子になってしまうのです。

 

■なんで他人と比べちゃうの?

どうして他人の子どもと比較してしまうんのでしょう?

きっと、お母さん自身が親から「○歳だから~できなければならない」「○歳だから○○すべき」と育てられたのでしょう。子育ての手本は自分の親しかありません。子育ての世襲は、負の連鎖にもなるのです。

さらにあなた自身が自分の親から“褒められたことがあまりない”のが原因

だから、ママ自身の自己肯定感が低いのです。

子どもに対してだけでなく、あなた自身も自分のいい面を見つけるのが苦手なのではないですか?

自分があまり好きではない。

そして、笑顔で子育てしているママ友を見て恨めしく思ったり、バリバリ働いているママを見て「手に職を持っていないし、才能ないし、美人ではないし、何の取り柄もない」とないものを見つけるのが得意。だから、子どものいい面も見つけることが出来ないのです。

 

■自己肯定感さえ付けておけば幸せになる

コップに半分入った水。「まだ半分もある」と思う人と「もう半分しかない」と思う人の例でよく挙げられるように、幸せかどうかは脳が判断することです。

否定的な子育ては何でもマイナスに捉える悪い癖をつけてしまいます。

長い人生でやってくる様々な試練。「でも自分は大丈夫」という自己肯定感さえあれば、乗り越えることが出来ます。

 

いかがでしたか?

大人となったあなたの自己肯定感を高めるには、自分をおとしめる人ではなく、小さいことでも評価してくれる友達やサポートしてくる人達を近くに置くことがとっても大切ですよ。

 

【関連記事】

※ 「心がポキッと折れてしまう」精神力の弱い子に育つ親のNGワード3つ

※ その褒め方合ってる?「完璧主義ママ」がやりがちなNG子育て2つ

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

粉ミルクを選ぶ基準って?教えて「母乳のいいところ」「ミルク選びのポイント」[PR]

髪トラブルに本気で悩んだら?カンタンに解決できる〇〇がオススメ[PR]

 

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る