幼稚園・保育園での 食体験が子どもの「好き嫌い」を早く解消できる理由

175770095

175770095

この春、幼稚園や保育園へ入園して新生活がスタートしたママは多いことと思います。

初めてわが子と離れるママにとって、「お友達と仲良くやっていけるかな」、「病気や怪我などは大丈夫だろうか…」など心配事はたくさんあります。

中でも多いのが、今までママと食べていた昼食を、幼稚園や保育園できちんと1人で食べられるだろうか、といった食事についてのお悩み。

今回はママ歯科医師である筆者が、3歳頃の新生活における食事と集団生活で過ごす食事のメリットについてをお伝えします。

 

3歳は「大人と同じ食事」のデビュー時期!

3歳になると幼稚園に入園する子も多く、子どもにとって世界が一気に広がる時期です。

実はお口の中もダイナミックに変化する年頃です。1番奥の第二乳臼歯が生えることで、乳歯がやっと生えそろうのです。すると、食べ物のすりつぶしができるようになります。

まだ噛む力が弱いので、いきなり大人のようには食べることはできません。でも時間をかけてよく噛めば肉や生野菜などの繊維のある食材や、固めの食材も食べられるようになります。

1番大切なのは、家族や同年齢くらいのお友達と一緒に食事をすることです。それにより、食事マナーなどの社会性が身についていくのです。そういった意味でも、保育園や幼稚園で食事の時間を過ごすことは子どもの成長にメリットとなるでしょう。

 

■ 手づかみ食べから「スプーン・お箸」を上手に使えるように

1歳を過ぎると手づかみ食べが盛んになります。これは”自分で食べたい”という子どもの意欲が出てきた証拠です。手づかみ食べを通して、やがてスプーンやお箸などの食事の道具を使えるようになっていきます。

手づかみ食べが上手になったら、スプーンにチャレンジしてみましょう。指は小指側から発達し始め、親指側へとシフトしていくため、いきなり大人のようには持つことができません。

子どもの発達は個人差が大きいので、周りがもうお箸を使っているから、と焦る必要はありません。子どもの発達に合わせて持ち方を教えてあげましょう。

● 1歳頃

手のひら握り・・・グーの状態でスプーンの柄を持ちます。

● 2歳頃

指握り・・・親指をグーの状態から柄の先に添えることができるようになります。

● 3歳頃

鉛筆握り・・・大人のように、鉛筆を持つような形で柄をつかむことができるようになります。

 

「四季」を感じながら色々な味を経験させる

幼稚園や保育園では四季折々の行事をお祝いすることも多くなります。ママもぜひ季節ごとのお祝いごとや行事を楽しみましょう。

春ならば入園のお祝い食やお花見といった季節感を、休日の食事にも取り入れてみてはいかがでしょうか? 食事は口を使って食べるだけでなく、目や鼻を使って味わうことができます。時間のある休日に家族で食べることの楽しさを子どもと共感したいですね。

また、ピーマンなどの苦手な食材も、隣のお友達が食べているのをみたら食べることができた、という嬉しい報告も幼稚園や保育園ならでは。

おうちでは食べられなくても、お友達と励まし合いながらなら食べられる、という自信が積み重なることでいつの間にか食べられるようになることもあります。小学校の給食へ向けて、いろいろな味を体験させてあげ、食べられる食材を増やしていきたい時期ですね。

 

新生活、ぜひお友達と比べず、焦らず、お子さんの発達に合わせて食事を進めていきましょう。1年後にはお弁当も給食もピカピカ、という嬉しい成長が待っているはずです。

 【関連記事】

※ 泣く子は問題ナシ!? 保育園に預ける時の「上手な別れ方」

※ 夫が急に怒りだす妻の「あの一言」は男脳と女脳の違いが原因だった!

※ まさか我が子が!? 「子どもが不登校になった時」の3つの心構え

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

【筆者略歴】

進藤ゆきこ・・・専門家ライター。自身も子育て真っ最中の歯科医師、歯学博士。「毎日のオーラルケアをママとベビーのハッピータイムに」をモットーに、親子でお口の健康をもっと身近に感じてもらえるよう取り組んでいる。

LINEで送る