気が利くママほど注意!子どものコミュニケーション能力が育たなくなるNG行動2つ

77485684

まだ語彙が豊富ではない子どもは、自分の意思や気持ちを表現することがうまくできません。引っ込み思案な子どもだとなおさら苦手でしょう。

子どもが自分の気持ちを伝えられずにモジモジしているとき、あなたはどうしていますか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、子どものコミュニケーション能力が育たなくなる親のNG行動についてお話しします。

 

■NG行動その1:子どもの気持ちを代弁する

お友達におもちゃを取られてしまい、離れたところで我が子がシクシク泣いています。こんな時、ママはつい助けてあげたくなりますよね。

でも、「そのおもちゃはうちの子のものだから返してね」と子どもの代わりに言うのは過保護と言えます。

しかし、「もっと強い子になってほしい」という思いから、「そんなことでイチイチ泣くんじゃないの!」と叱ったり、「自分で取り返してきなさい」と背中を押してあげたりすることも子どものためになりません。

そもそも、最初からそれができる子だったら泣いたりしません。逆に自分のスコップを奪ったお友達を噛んだり突き飛ばしたりして、相手を泣かせているでしょう。

引っ込み思案で慎重な性格のため「返して」という一言がなかなか言えないのです。

こんな時はまず「お友達におもちゃを使われて悲しいね。悔しいね」と子どもの心に共感してやりましょう。そして、一緒について行って「それ返して」と子ども自身に言わせるのです。

自分一人では「返して」と言えなくても、ママが付いていてくれれば言えたりします。それを繰り返すことで、だんだんと一人で気持ちをしっかり伝える勇気と力がついてくるでしょう。

 

■NG行動その2:子どもの気持ちを察して先回りする

気が利くママほどしてしまいがちな、子どもの気持ちを汲んで先回りしてしまうことも、子どものコミュニケーション能力をそいでしまう理由の一つです。

子どもが喉が渇いている顔をしていれば飲み物を飲ませたり、「ママ、ジュース!」と言っただけで冷蔵庫からジュースを差し出したりしてしまうと、子どもは自分の気持ちを相手に伝えることが苦手になってしまいます。

こんな時は、子どもがどうしたいのかわかっていても、相手に伝わるようにきちんと言うまであえて反応しないようにしましょう。

「ママ、ジュース!」と言われたら、「え、どこに?」なんてとぼけでもいいかもしれませんね。

また、外食をする際には「お水ください」「おしぼりください」と子どもに言わせてみることも良いでしょう。蚊のなくような声で相手に聞こえなくても、ママが代わりに言ってはいけません。

「もう少し大きい声で言ったら聞こえるよ」「手をあげたら気付いてくれるよ」など、どうすれば相手に伝わるのかを教えてあげましょう。

 

いかがでしたか?

なんでも子どもの代わりにやってあげると、いつまでもコミュニケーション能力が身につきません。

小さい頃はそれで済むかもしれませんが、小学生にもなると「ママが助けてくれた」と喜ぶどころか「ママがいないと何もできない子」と周りから思われ、かえって恥ずかしい思いをすることもあります。

代弁しない、あえて察しないといった手法で、子どものコミュニケーション力を伸ばしていきたいですね。

 

【関連記事】

※ 将来、子どもが恥ずかしい思いする!? 「育ちが悪い」と思われる6つの行動パターン

※ 「今日楽しかった?」はNG!? 新学期に言いがちだけど逆効果な親のワード3つ

※ 「ママお仕事行かないで~!」保育園で子どもを大泣きさせる親のNG態度3つ

※ 「緑茶」がお肌に良いらしい!? 乾燥肌ママ注目の保湿法とは?

※ 要チェック!今すぐ確認したい「ホルモンバランス」の状態

【参考】

立石美津子(2014)『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ』(日本実業出版社)

【著者略歴】

立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

LINEで送る