外国人が驚きを隠せない「日本人ママのスゴすぎる!」3つのコトとは?

145572748

日本には家事に、育児に、仕事に……と、頑張っているママがたくさんいますよね!

海外で子育てをしていると、日本人ママは特に努力家だと認識させられることがあります。

そこで今回は、筆者が住んでいるドバイで感じたことと、過去に広島のインターナショナルスクールで教師を務め、日本人女性との間に二児をもつアメリカ人、アダム・ベックさんから聞いた話を踏まえて、日本人ママのすごいところをご紹介します。

 

■1:マルチタスクが当たり前!

女性は複数のことをそつなくこなせる人が多いといいますが、日本人ママは特にこの能力を駆使しているようです。

例えば、日本人ママが食事をする際、子どもの面倒をみて、自身も食事をとり、さらにママ友とのお喋りも楽しむのは当たり前のことかもしれません。

しかし、筆者が住むドバイでは、親が食事しやすいよう、テーブルから離れたところでメイドが子どもをあやすことが普通です。そのため、日本人ママを見て「こんなにいろいろなことをしながら、リラックスできるなんてすごい!」と思う人が多いそうです。

 

■2:「普通のお弁当」のレベルが高すぎる!

園や学校に持っていくお弁当。日本では栄養バランスに気を配り、子どもが食べやすいように工夫しているママが多いですが、外国ではそうではありません。

アダムさんによると、お母さんが作るお弁当の中身はいつもサンドイッチ(中身は決まってピーナツバターかハム)とポテトチップスと人参スティックだったとのこと。つまらないと思っていたけれど、周りの友達もみんなそうだったので、深く考えなかったそうです。

そのため、日本人ママの作るお弁当に大変驚き感動したアダムさん。自分の子どものお弁当を見て「僕も幼稚園に入ってやりなおしたい」と、うらやましがっているようです。

多国籍のドバイでもお弁当は本当に簡単なものばかりなので、これはアメリカに限ったことでありません。

キャラ弁など、お弁当作りでストレスを感じてしまうママが増えているそうですが、この話を聞くと「そこまでしなくていいか」と思えるかもしれませんね。

 

■3:独立心を育てるためのバランス感覚が抜群!

他国より治安が良い日本では、環境も手伝って子どもの独立心を養う感覚が優れたママが多いとのこと。

「子どもの安全に目を配りつつ、独立心も育てる。バランス感覚がある日本人のママはすごいと思うよ」と、アダムさんは語ります。

アダムさんによると、アメリカでは子どもが危ない目にあわないか、常に警戒していないといけないそうです。

実際に、アメリカでは最近7歳の子どもを自宅から公園に一人で行かせた母親が逮捕された事件がありました。日本ではちょっと信じられないですよね。

でもこれは異常なことではなく、世界的には普通のことなのです。他国と比較すると、日本は治安が良いことで、子どもが自分で経験できることが多いと言えますね。

 

いかがでしたか?

自分では当たり前と思っていることが、他の国ではそうでないんだと興味深いですよね。

日本はママへの期待値が非常に高い国だと筆者は感じています。もう十分すぎるほどがんばっている日本人ママ。「がんばったね!」と、もっと自分をほめてあげてくださいね!

【関連記事】

「ママお仕事行かないで~!」保育園で子どもを大泣きさせる親のNG態度3つ

ママの救世主!? 経験者が教える「メイド生活」のメリットとリスク

要チェック!今すぐ確認したい「ホルモンバランス」の状態

スリムなあの人はもう始めている!? ダイエットの味方「すっぽんパワー」ってなに?

あのキレイなママ友の秘密はコレだった!?お肌プルプルでダイエット効果もある秘策とは

【取材協力】

 ※ アダム・ベック・・・バイリンガル子育てのインスピレーションやアイデア満載で人気のブログ『Bilingual Monkeys』と、バイリンガル・キッズを持つ両親のためのフォーラム『Bilingual Zoo』主宰。広島在住で、広島インターナショナルスクール元教師、現在は広島平和メディアセンターにてライター・編集者を務める。日本の小学校に通いつつも日本語、英語バイリンガルな8歳、10歳の子を持つ父でもある。

 【著者略歴】

舞スーリ・・・ドバイ在住の専門家ママライター。11歳より名取の琴、着物を通じ幼少から世界中で異文化交流を実施。4カ国目の海外暮らし&国内外グローバル企業勤務経験から、比較文化の視点をライティングに活かす。バスビーマガジン、エボルニ海外ウェブマガジン他でも執筆中。趣味はベリーダンス!

LINEで送る